Kenya
  • ソトコト サファリハーフマラソン 2016
    • ソトコト サファリハーフマラソン 2016 レポート
  • ソトコト サファリマラソン2012
    • ソトコト サファリマラソン2013 レポート
  • ソトコト サファリマラソン2012
    • ソトコト サファリマラソン2012 レポート
  • チャリティ・ラン in キベラ
    • チャリティ・ラン in キベラ レポート
  • 第2回 ソトコト サファリマラソン
    • 第2回・レポート
  • 第1回 ソトコト サファリマラソン
    • 第1回・レポート
  • ワキウリさんのメッセージ
Japan
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2017
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2016
    • イベント レポート 2016
  • DREAM AS ONE. x スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2015
    • イベント レポート 2015
  • スマイル アフリカ プロジェクト x DREAM AS ONE.
    • イベントレポート2014
  • スマイル エコ・ランニング2013
    • スマイル エコ・ランニング2013 レポート
  • スマイル エコ・ランニング for 東北
    • スマイル エコ・ランニング for 東北 レポート
  • スマイル  エコ・ウォーキング&ジョギング WITH 高橋尚子
    • イベント・レポート2010
  • LIVE「赤道直下のクリスマス」
    • イベント・レポート2009

ランニング・イベント・レポート

スマイル エコ・ランニング 〜アフリカへつなごう!〜 高橋尚子さんも参加!

スマイル エコ・ランニング 〜アフリカへつなごう!〜

日時: 2013年10月5日(土)
会場: 武蔵野大学有明キャンパス、ロハスカフェARIAKE、シンボルプロムナード公園ランニングコース

スマイル アフリカ プロジェクト
基幹スポンサー: 三菱商事株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社 再春館製薬所
協力企業: 株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)

主催: スマイル アフリカ プロジェクト実行委員会
構成: スマイル アフリカ プロジェクト/月刊ソトコト、東京臨海副都心グループ
共催: 臨海副都心まちづくり協議会
後援: J-WAVE 81.3FM、東京都港湾局
協力: 武蔵野大学、株式会社アプロード、ジョグポート有明
ゲスト
プロジェクトフロントランナー
高橋尚子氏
(シドニー五輪女子マラソン金メダリスト)
 
スマイルアフリカ プロジェクト
スペシャルパートナー
瀬古利彦氏
(DeNA Running Club
総監督)
ビダン・カロキ氏
(DeNA Running Club
選手)

ランニングイベント

アフリカへつなぐリレーマラソン
シンボルプロムナード公園の開設にともなって整備されたランニングコースを元に、
片道1km、往復2kmのコースを設定し、リレーマラソンを 実施しました。

3時間耐久の種目で、思いをつなげるために走行距離を日本−ケニア間(11,000km)に近づけようと多くの参加者が力を合わせてランニングを楽しみました。

※親子ランは悪天候のためお子様の安全を考慮して中止いたしました。

今大会では高橋尚子さんに加え、瀬古利彦氏、ビダン・カロキ氏が来場し、参加者が自分の走る順番を待っている間も楽しいマイクパフォーマンスが行なわれ、より楽しいランニングイベントができました。

トークイベント

リレーマラソンの後、高橋尚子さんによるケニアでの体験やケニアの現状について活動報告を行いました。また、瀬古利彦さん、ビダン・カロキさんとトークショーを実施しました。会場内では過去のTVで流れた映像を流したり、 パネル展示を実施し参加者の方へケニアの現状を知っていただきました。

シューズ特別無料回収

ソトコトブースに併設されたシューズ特別無料回収ブースには、プロジェクトに賛同するたくさんの方がシューズを届けに集まってくださいました。
中にはシューズ回収のためだけに来場していただいた方もいらっしゃいました。雨の中お持ちいただきまして、感謝申し上げます。

シューズ回収数
154足

ブース

株式会社ディー・エヌ・エー (DeNA)
今回のゲストである瀬古利彦さん、ビダン・カロキさんとの写真撮影会を実施。憧れの選手との撮影会にファンは大興奮でした。
武蔵野大学
新設の学部を中心に大学の紹介に力を入れていました。小さいお子様向けに風船の配布を行い、親子連れに大人気のブースでした。

参加賞

Tシャツ
参加者全員にお渡しさせていただきました。

完走証

完走証
チームごとに完走証を発行し、配布いたしました。

当日はあいにくの雨のため、「親子ラン」の実施を、 安全な競技運営を実施することができない、
実際に走ると転倒の恐れが多いにある、という観点から中止の判断を下しました。
「親子ラン」参加予定だった皆様には競技を実施することができず、深くお詫び申し上げます。
そんな雨の中でも「せめてシューズだけでも」とシューズ回収ブースまでお越しいただいた人もいました。
2年前、3年前より「認知度」が上がっていると実感し、
たくさんの方々に支えられていることをあらためて実感しました。
雨天にも関わらずお越しいただいた皆様、また多くの方々のご協力があり、開催することができました。
ご協力に感謝申し上げます。

たくさんのご参加・ご協力ありがとうございました。