Kenya
  • ソトコト 10キロ&5キロラン 2018
  • ランニング・イベント 2017@ケニア キアンブ
  • ソトコト サファリハーフマラソン 2016
    • ソトコト サファリハーフマラソン 2016 レポート
  • ソトコト サファリマラソン2012
    • ソトコト サファリマラソン2013 レポート
  • ソトコト サファリマラソン2012
    • ソトコト サファリマラソン2012 レポート
  • チャリティ・ラン in キベラ
    • チャリティ・ラン in キベラ レポート
  • 第2回 ソトコト サファリマラソン
    • 第2回・レポート
  • 第1回 ソトコト サファリマラソン
    • 第1回・レポート
  • ワキウリさんのメッセージ
Japan
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2018
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2017
    • イベント レポート 2017
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2016
    • イベント レポート 2016
  • DREAM AS ONE. x スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2015
    • イベント レポート 2015
  • スマイル アフリカ プロジェクト x DREAM AS ONE.
    • イベントレポート2014
  • スマイル エコ・ランニング2013
    • スマイル エコ・ランニング2013 レポート
  • スマイル エコ・ランニング for 東北
    • スマイル エコ・ランニング for 東北 レポート
  • スマイル  エコ・ウォーキング&ジョギング WITH 高橋尚子
    • イベント・レポート2010
  • LIVE「赤道直下のクリスマス」
    • イベント・レポート2009

ソトコトサファリマラソンのレポート

ランニング・イベント 2017@ケニア キアンブ レポート

スマイル アフリカ プロジェクトは、ケニアにおいてシューズ寄贈の継続的な実施と共に、シューズ寄贈を受けた子どもたちが思いっきり走ることのできる機会を提供しようと「ランニング・イベント」を開催してきました。


2017年度は、キアンブ地区の小学校でシューズ寄贈を行い、キアンブ周辺小学生を対象にしたランニング・イベントを子どもたちと楽しみました。

※シューズ寄贈の様子は、シューズ回収プログラム内の「笑顔のシューズを送ろう」のブログをご覧ください。

実施概要

名称:
ランニング・イベント2017@ケニア キアンブ
開催期日:
2018年2月24日(土)
目的:
ケニアの子どもたちへのシューズ寄贈
シューズ寄贈を受けた子どもたちのためのランニング・イベントの開催
主催:
スマイル アフリカ プロジェクト/月刊ソトコト
特別協賛社:
三菱商事
協賛社:
ロート製薬、価格.com
協力団体:
独立行政法人国際協力機構(JICA)、ナイロビ日本人学校、
KALRO(Kenya Agricultural & Livestock Research Organization)、
Coca-Cola Kenya、Kikuyu reborn athletic club
協力企業:
Mpata Safari Club(ムパタ・インベストメント、ムパタ・インタナショナル)
開催場所:
アフリカ / ケニア共和国・キアンブ カウンティー
KALRO(Kenya Agricultural Research & Livestock Organization)

種目

  • 3キロマラソン/小学生男女別

    ※男女混合でのレース実施
    ※スタートとゴールが同じ地点の周回コース

Douglas Wakiihuri/ダグラス・ワキウリ

実行委員長
Douglas Wakiihuri/ダグラス・ワキウリ
(ソトコト サファリマラソン実行委員長)
ローマ世界選手権優勝、
ソウル五輪男子マラソン・銀メダリスト

ランニング・イベント

スケジュール:
6:30 am
スタッフ集合
9:50 am
ランニング・スタート
10:40 am~
(音楽とダンス)
11:00 am
表彰式
11:30 am~ 12:00 pm
スピーチ
12:30 pm
懇親会
参加人数:
エントリー数
男子 212名 女子 147名
合計 359名※飛び入り参加者は除く
ゲスト:
アブディ・ビレ氏
(1987年世界選手権男子1500m金メダリスト、ソマリア人)

スマイル アフリカ プロジェクトは、ケニア国内のさまざまな地域でプロジェクトを行ってきたが、新たな活動実施場所として、プロジェクトの活動を多くのケニア人と知ってもらう機会を提供することができた。
キアンブ地区内には、貧しい村もあり、シューズを履けない子どもたちもいる。今後も、多くの子どもたちにシューズを寄贈し、イベントの実施と、イベントへ参加することによって子どもたちが未来への希望を持つ機会を提供していき、ケニアにおける継続的なシューズ寄贈の活動は、今後も実施していく予定だ。

結果