Kenya
  • ソトコト サファリハーフマラソン 2016
    • ソトコト サファリハーフマラソン 2016 レポート
  • ソトコト サファリマラソン2012
    • ソトコト サファリマラソン2013 レポート
  • ソトコト サファリマラソン2012
    • ソトコト サファリマラソン2012 レポート
  • チャリティ・ラン in キベラ
    • チャリティ・ラン in キベラ レポート
  • 第2回 ソトコト サファリマラソン
    • 第2回・レポート
  • 第1回 ソトコト サファリマラソン
    • 第1回・レポート
  • ワキウリさんのメッセージ
Japan
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2017
  • スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2016
    • イベント レポート 2016
  • DREAM AS ONE. x スマイル アフリカ プロジェクト ランニングフェスティバル 2015
    • イベント レポート 2015
  • スマイル アフリカ プロジェクト x DREAM AS ONE.
    • イベントレポート2014
  • スマイル エコ・ランニング2013
    • スマイル エコ・ランニング2013 レポート
  • スマイル エコ・ランニング for 東北
    • スマイル エコ・ランニング for 東北 レポート
  • スマイル  エコ・ウォーキング&ジョギング WITH 高橋尚子
    • イベント・レポート2010
  • LIVE「赤道直下のクリスマス」
    • イベント・レポート2009

ソトコトサファリマラソンのレポート

ソトコトサファリマラソン2012 レポート

スマイル アフリカ プロジェクトの活動をケニア国内に広く知ってもらうため、また子どもたちも思いっきり走ってもらうため開催しているマラソンイベントです。2012年のマラソン大会にも多くのケニア人をはじめ、在ケニアの外国人、海外から参加し、ケニア国内のメディアでも大きく取り上げられました。

シューズ回収プログラムで届けられたシューズを履いたケニアの子どもたちが、思いっきり走ることができるよう開催されているこのマラソン大会、このプロジェクトのフロントランナーである高橋尚子さんもケニアの子どもたちと一緒にナイロビの街を駆け抜けました。

また、スマイル アフリカ プロジェクトのケニアでの活動として、日本でお預かりしたシューズをケニア国内の子どもたちへシューズ寄贈を行いました。

※シューズ寄贈の様子は、シューズ回収プログラム内の「笑顔のシューズを送ろう」のブログをご覧ください。

実施概要

名称:
ソトコト サファリマラソン 2012
主催:
The secretariat of Sotokoto Safari Marathon(ソトコトサファリマラソン事務局)
スマイルアフリカプロジェクト/月刊ソトコト
共催:
ケニア陸上競技連盟(Athletics Kenya)
後援:
外務省、駐日ケニア共和国大使館
協賛:
三菱商事株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社再春館製薬所
協力:
佐川急便株式会社
協力団体:
ムパタ・インベストメント、ムパタ・インタナショナル、
一般社団法人ロハスクラブ、独立行政法人国際協力機構(JICA)
開催日:
2012年7月8日(日)
場所:
ケニア共和国ナイロビ市内
Uhuru Gaedens(ウフル・ガーデン)

コース概要:ウフル・ガーデンをゴールとしてナイロビ市内をコースとしたマラソン

会場図 ウフル・ガーデン

キッズマラソン(5km)

スタート:
8:00 am
レース参加者:
8歳〜13歳 男女
14歳〜16歳 男女
(参加費・500KHS)
男子86名 女子70名
参加人数:
(大人ファンラン 男子15名 女子12名)
合計183名 ※飛び入り参加者は除く

スラム街キベラからもたくさんの子どもたちが参加し、5キロのコースを思いっきり、力いっぱい走っていた。今年もケニアに住む日本人の子どもたちも参加し、スラム街の子どもたちの言葉を交わし、交流を行っていたのが印象的だった。また、スマイル アフリカ プロジェクトの活動を通じて始まった「キベラ・ランニング・クラブ」の子どもたちの多数参加。日ごろの練習の成果を存分に発揮していた。 子どもたちにとっても、年に一度の交流の場となりつつある様子がうかがえた。

10キロ・ラン(10km)、ハーフマラソン(21km)

スタート:
10キロ・ラン  8:45 am
ハーフマラソン  9:00 am
レース参加者:
男女
参加人数:
10キロ 男子115名 女子47名
計162名
21キロ 男子342名 女子79名
計421名
合計583名
参加者国籍:
14カ国
(ケニア、アメリカ、アイルランド、コンゴ、 イギリス、インド、日本、ソマリア、ドイツ、カナダ、スーダン、ザンビア、ルワンダ、中央アフリカ)

キッズ・ラン+10キロ・ラン+ハーフマラソン 合計785名参加

過去3年間実施してきた実績から、ケニア国内だけでなく、他国からの参加者も増え、国際色豊かなマラソン大会となった。参加者たちは、マラソンというスポーツを通じた交流の中から、新しい関係を培っているようだった。特に10キロ・ランにおいては、各国の参加者同士が声を掛け合いながら、楽しく走っていた。国際大会で優秀な成績を収める選手を輩出してきたこのハーフマラソンは、プロを目指すケニアのランナーにとって登竜門となっており、オリンピックを目指す若者たちも参加。また、日本で活躍していたフェレス・オンゴリ選手も二位に入賞するなど、メディアの注目度も高かまった。

記事掲載

ケニアの新聞、ならびにTV各局が翌日ソトコト サファリマラソンの様子を掲載、報道した。

記事掲載

日本国内
2012年7月15日(金)読売新聞
2012年8月6日(月)WOWOW エンタメNEWS「ザ・プライムショー」
2012年8月6日(月)週刊現代
etc.

結果