ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか

vol.sp5

鈴木大地×小川和也「スポーツとテクノロジー」

デジタルマーケティングの第一人者・小川和也さんによる『ソトコト』の人気連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」の特別版!今回はスポーツ庁初代長官の鈴木大地さんをお訪ねして、「スポーツ」と「テクノロジー」についてのワクワクトークが始まります!

本文を読む

vol.6

左脳と右脳の視点

「人工知能の開発は人類の終わりを意味するかもしれない」。イギリスの理論物理学者であるスティーブン・ホーキング博士は、かねてより、人類へそのような警告を発している。超高性能の人工知能を開発してしまうと、それは自立し、加速度的に自らを再設計していく。

本文を読む

vol.5

自らの身体性

「身体性」というものを強く意識するようになった。四六時中、スマートフォンで誰かとコミュニケーションをとり、オンラインのサービスを利用する。さらにテクノロジーにまつわるビジネスをしているのだから、それはもう、電子的なオーラが僕の身体を思いっきり包み込んでいる。

本文を読む

vol.sp4

天野 篤×小川和也「医療とテクノロジー」

デジタルマーケティングの第一人者・小川和也さんによる『ソトコト』の人気連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」の特別版!今回は心臓外科医の天野篤さんをお訪ねして、「医療」と「テクノロジー」についてのワクワクトークが始まります!

本文を読む

vol.sp3

鎌田浩毅×小川和也「火山学とテクノロジー」

デジタルマーケティングの第一人者・小川和也さんによる『ソトコト』の人気連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」の特別版!今回は地球科学者の鎌田浩毅さんをお訪ねして、「火山学」と「テクノロジー」についてのワクワクトークが始まります!

本文を読む

vol.sp2

下村博文×小川和也「教育とテクノロジー」

デジタルマーケティングの第一人者・小川和也さんによる『ソトコト』の人気連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」の特別版!今回は下村博文文部科学大臣をお招きして、「教育」と「テクノロジー」についてのワクワクトークが始まります!

本文を読む

vol.4

ロボット義足

Biology(生物・生態)、Mechanics(機械)、Electronics(電子)の3つを組み合わせたBiomechatronics(バイオメカトロニクス)という学際的な新しい学問領域がある。MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボの研究者であるヒュー・ハー(Hugh Herr)教授はその領域の代表的な研究者だ。

本文を読む

vol.sp1

隈研吾×小川和也「建築とテクノロジー」

デジタルマーケティングの第一人者・小川和也さんによるソトコトの人気連載「テクノロジーは、人間をどこへつれていくのか」の特別版!今回は建築家の隈研吾さんをお招きして、「建築」と「デジタル」についてのワクワクトークが始まります!

本文を読む

vol.3

皮肉めいた『電王戦』

起源は古代インドのチャトランガともいわれ、日本へ伝来したのは6世紀ごろという説もある将棋。昔から、人間同士の頭脳ゲームとして楽しまれてきた。僕も、小学校に入った頃に父から将棋を教わり、随分と熱中したものだ。学校の休み時間には友達と将棋を指し、クラスで将棋が交流のひとつの手段になっているような時期もあった。

本文を読む

vol.2

エニグマの解読

英国の数学者アラン・チューリングが主人公の『イミテーション・ゲーム』という映画をご覧になっただろうか。第87回アカデミー賞脚色賞をはじめ、各映画賞でも高い評価を得ているが、個人的にもかなり“ツボ”な作品であった。第二次世界大戦でドイツ軍が使用し解読不可能といわれた暗号システム「エニグマ」の解読を巡って、スリリングにストーリーが展開されていく。

本文を読む

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.