ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

田中康夫と浅田 彰の憂国呆談2

APECの開催からアメリカの中間選挙、子宮頸がん予防ワクチン、障害者自立支援法まで! photographs by Kitchen Minoru text by Kentaro Matsui

APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議が横浜で開催。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加も迷走状態、日本の農業の行く末がますます懸念されるところだ。子宮頸がん予防ワクチンに150億円の概算要求しかり、中間選挙で大敗を喫したバラク・オバマ政権しかり……。

田中

TPPのごとく突然出てきたもので気になるのが、子宮頸がんの予防ワクチンの問題。厚生労働省が2011年度予算の特別枠に公費助成費用として150億円も概算要求しているけど、とんでもない話だよ。この予防ワクチンは種痘とかと違って、どんな副作用が出るか、未だ確定していない。予防接種の対象年齢は中学1年生から高校1年生で、性交渉経験者が半数にも満たない世代に一律、ワクチンを打つのも不可解。本来ならフェミニズム団体は人権侵害だと抗議すべきなのに、逆に拍手喝采なのも、TPPと同じで変な話。外資系の大手製薬会社が啓蒙啓発型の広告を打っているけど、厚労族の仙谷由人官房長官が旗振り役なのも、怪しい臭いがするね。年間150億円も投ずるんだったら、わずか56疾患にしか医療費助成制度のない難病患者の支援や治療法の研究開発に振り向けるべきで、優先順位を間違えている。

浅田

信頼性の高い薬やワクチンはどんどん医療保険で使えるようにすべきで、日本は海外とのタイム・ラグを縮めなきゃいけない。ただ、子宮頸がんのワクチンのようにまだまだ疑問の多いものについては慎重にしなきゃ。あるいは、ピンクリボン・キャンペーンを打って乳がんの早期発見・早期治療を推進してる、そのこと自体はいいんだけど、乳房をX線で撮影するマンモグラフィーってのも、案外当てにならないみたいだね。それよりも、ちゃんとした医師による触診のほうが大事だと思うな。というより、自分で触れてみるのが最初じゃないの? そのほか、前立腺ガンの腫瘍マーカーにせよ何にせよ、一見客観的なテストでけっこういいかげんなものが多いってことは意識しとく必要がある。

田中

その通り。基本に戻って食生活の改善であったり、そのための指導を行う保健師を増やしたりするほうが先決だよ。糖尿病にしても、患者の数が少ないと都合が悪いのか、食生活の改善で十分な段階でも糖尿病と診断して投薬を開始しちゃう傾向があるでしょ。子宮頸がんワクチンと同じで、新手の「公共事業」になっちゃってる。

浅田

もっと巨大な利権でいうと、高血圧は最初コレステロールが悪いと言ってて、そのうちコレステロールにも善玉と悪玉があることになったけど、まだ完全には解明されてないみたいだね。ところが、悪玉コレステロールを減らす薬というのが世界的に使われて、膨大な利益を生み出してる。

田中

抗うつ剤も同じでしょ。

浅田

そう、抗うつ剤依存によって逆に薬をやめられなくなる人もいる。それだって、世界中で膨大な利益を生み出してるわけだ。とにかく、製薬メーカーの利権というのは異常だよ。たしかに、薬品開発はまだリスクの高いギャンブルなんで、当たった薬で儲けなきゃいけないってのはわかるけど。また、それこそ生物多様性条約に関して問題になったように、第三世界の珍しい植物を使った薬で儲けても、ほとんど利益を還元してない例が多かった、それも是正していかないとね。

田中

そうだよね。アマゾンの先住民族から伝授された生薬で浮利を得たなら、熱帯林の保全で恩返しすべきでしょ。

浅田

そういえば上岡龍太郎が言ってたな、病院に行くと病気にされるから行かないって。つまり、何らかの病名がついて、薬が処方されたり手術されたりする。人生、ある程度のリスクはしょうがないんで、それを受け入れつつ、できるだけ病院に行かず、自分の身体を自分で大事にして生きていくのが理想だね。人生の最後だって、昔は自分の家の畳の上で老衰で死ぬのが理想だったのに、いまや「老衰」ってのはほとんどなくなり、病院で何かしら診断名を付けられて、最後はスパゲッティ症候群と言われるくらいチューブだらけで薬漬けにされて死ぬのが当たり前のようになってる、あれは大問題だと思うよ。

田中

TPPじゃないけど、いずれは薬も関税が撤廃され、多国籍企業のアメリカとスイスの製薬会社が儲かるって話。

予防ワクチンを何でもかんでも制度にしてたら、そのうち老衰で102歳の母親が死んだのは、何も対策を講じなかった国のせいだって裁判さえ起こる社会になっちゃうよ(笑)。

田中 康夫

田中康夫 たなか・やすお
1956年東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。大学在学中に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、参議院議員、衆議院議員を歴任。最新刊は『33年後のなんとなく、クリスタル』。http://tanakayasuo.me

浅田 彰

浅田 彰 あさだ・あきら
1957年兵庫県生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程中退。京都造形芸術大学教授。83年に出版されたデビュー作『構造と力─記号論を超えて』はベストセラーに。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.