ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

田中康夫と浅田 彰の憂国呆談2

日本版グリーン・ニューディールから村上春樹の「壁と卵」まで!

浅田:

イヴ・サンローランのコレクションが460億円ほどで落札されたね。面白いのは、そのうちのウサギとネズミの2つのブロンズ像を、中国人の古美術収集家が約40億円で落札したこと。

田中:

しかも、落札したけどお金は払わない、払えないと言ってるのが謎。「アヘン戦争の時に英仏連合軍が略奪した代物だから」と、返還するよう中国側も求めていたんだよね。

浅田:

でも、それを言い出したら、ルーヴル美術館だって大英博物館だって略奪品だらけだしね。

あのサンローランのコレクションは、骨董もさることながら、モダン・アートもマティスとかモンドリアンとかホントに素晴らしくて、それこそ日本の国立美術館がまとめて買ってくれたらよかったんだけどな――まあ民営化で、とてもそんなカネはないけれど。

サンローランの公私にわたるパートナーだったピエール・ベルジェってのはなかなかの男で、パートナーが死んだ以上、二人で築いたコレクションは全部売って、半分はエイズ研究、半分は文化活動に寄付する、と。ただ、中国が人権を尊重するなら、ウサギとネズミはただで返してやってもいい、と。それでまた中国がカチンと来たんだな。

田中:

なるほど。ところで、政治と金を巡る一連の動きは、まだまだ流動的なので、次号で深層を分析しよう。

田中 康夫

田中康夫 たなか・やすお
1956年東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。大学在学中に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、参議院議員、衆議院議員を歴任。最新刊は『33年後のなんとなく、クリスタル』。http://tanakayasuo.me

浅田 彰

浅田 彰 あさだ・あきら
1957年兵庫県生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程中退。京都造形芸術大学教授。83年に出版されたデビュー作『構造と力─記号論を超えて』はベストセラーに。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.