ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

田中康夫と浅田 彰の憂国呆談2

東京の川の舟遊びから、伊勢志摩サミット、オバマ大統領の広島訪問、子宮頸がんワクチンまで。 photographs by Hiroshi Takaoka text by Kentaro Matsui

東京・日本橋のたもとから、『舟遊び みづは』の舟に乗り、日本橋川、隅田川、神田川を遊覧した田中・浅田両氏。川の流れにのんびりと揺られ、歴史ある橋をくぐりながら、「ゆく川の流れは絶えずして」のごとく変わりゆく、東京の流れ、日本の流れ、そして世界の流れを論じ合った。

浅田

今日は日本橋のたもとから舟に乗り、日本橋川から隅田川を経て神田川へ、そして再び日本橋川に入ってスタート地点へと、川遊びを楽しんだ。川面から再発見する東京の風景はダイナミックで、おもしろかったね。僕なんかは東京の地理を電車や地下鉄に沿って把握しちゃってるけど、川から見直すと東京の本来の地勢がわかっていい。江戸時代からの歴史的遺構も残ってるし。

田中

クラシカルな橋がたくさん架かっていて見応えがあったね。『舟遊び みづは』でガイドを務めてくれた『フローティングライフ』の佐藤美穂さんによれば、あのコースに架かる橋の多くは関東大震災の後の復興橋梁で、大正の終わりから昭和の初め頃につくられたものだと。燃えた船が流れてきて橋脚に引っかかり、焦がした跡が残っていたり。

神田川は中央線沿いだから普段から何となく目にした風景だけど、小石川橋の手前を右に折れて日本橋川に入ると、見たこともない風景に出合えて興味深かった。

浅田

関東大震災後の帝都復興計画では橋のデザインにも手を抜かなかったんだね。

田中

神田川沿いの老舗の佃煮屋『小松屋』ではしらす山椒も買った。

浅田

東南アジアの水上マーケットみたいで、娘さんが奏でる三味線も粋なものだったな。

田中

一時期は隅田川や神田川もヘドロで臭いが凄かったけど、随分と改善どころか、心地よくて驚いたよ。

浅田

舟の動きもスムーズだし、道路みたいにうるさくもない。「ヴェネチアはいちばん進んだ街だ、すでに自動車を卒業しているから」っていうジョン・ケージのジョークを思い出したよ。外国人旅行者も増えてるんだから、東京はもっと水上観光に力を入れればいいのに。東京のみならず大阪も、いや名古屋ですら、見直してみると海に近い水路の街なんだよね。大阪では「水都大阪」ってプロジェクトを立ち上げて水辺の再生を試みてる。その旗振り役の一人である安藤忠雄は、大阪文化館・天保山(旧・サントリーミュージアム)でも、阪神・淡路大震災後に建てた兵庫県立美術館でも、水路からのアクセスを想定してるんだよね。兵庫ではまだ実現してないけれど、神戸港の遊覧船の経路をそこまで延ばせばいいのに。他方、内陸の京都でも、疎水をめぐる舟から桜を見る観光コースが人気。マニア向けには、三井寺から山科を経て京都まで、トンネルもくぐりながら疎水をたどるコースもある。

田中

アメリカ・テキサス州のサンアントニオでは、舟に乗って街を散策する観光が人気だ。短いコースなんだけど、客はたくさん来る。太古の昔、水がある場所に人は住み、緑を燃料にした。でも、その水と緑は人々を思索的にする大切な要素で、そこに文化が生まれたんだね。

浅田

それにしても、日本橋川の上の首都高速道路を舟から見上げると、いかに滅茶苦茶なものをつくったかがよくわかるね。1964年の東京オリンピック開催に合わせて、土地収用が簡単な川の上に通すことを思いつき、その後ずっと同じことをやり続けてきたわけだ。高速道路を撤去して川を再生する計画もあるようだけど。

田中

地下を通せば撤去はできないことはない。前回のオリンピックの前後に、数寄屋橋から何からみんな埋め立てたわけだから。韓国で李明博イ・ミョンバク前大統領がソウル市長時代に清渓高速道路を撤去して清渓川を再生した。そういうのは大事な公共事業なんだよ。

浅田

小泉純一郎元首相の新自由主義政策には問題が多かったけど、彼が李明博を真似て首都高移設による日本橋再生を提言したのは正しいね。オリンピックをやるなら、代々木周辺の大規模開発なんかじゃなく、そういう都市再生こそ進めなきゃ。彼が東日本大震災のあと脱原発を強く主張してるのも、同じ流れだと思う。

そう言えば、東北の被災地を支援する「トモダチ作戦」で放射能による被害を受けたとして東京電力を訴えてる米兵たちの話を聞いて、小泉が涙を流し、支援を約束した、ああいう感覚も安倍晋三首相にはないなあ。もちろん米兵同様に被災地住民のことも考えてほしいけど。

田中

天性の“勘性”を持った小泉が、いい意味での先祖返りをしているともいえる。その昔、アフガニスタンへの自衛隊派遣に、宮沢喜一内閣の閣僚として異を唱えた1993年の頃にね。

田中 康夫

田中康夫 たなか・やすお
1956年東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。大学在学中に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、参議院議員、衆議院議員を歴任。最新刊は『33年後のなんとなく、クリスタル』。http://tanakayasuo.me

浅田 彰

浅田 彰 あさだ・あきら
1957年兵庫県生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程中退。京都造形芸術大学教授。83年に出版されたデビュー作『構造と力─記号論を超えて』はベストセラーに。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.