ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

田中康夫と浅田 彰の憂国呆談2

『新潮45』の休刊、ポリティカル・コレクトネスから、東京医科大の女性差別、アメリカ最高裁判事候補への告発まで。 photographs by Hiroshi Takaoka text by Kentaro Matsui

豊洲へ移転した直後に東京・築地市場に足を運ぶも、入口で都職員に制止され、敷地に入れなかった田中・浅田両氏。波除なみよけ神社の境内や場外市場を散策しながら、『新潮45』の休刊やヘイトスピーチ規制条例、東京医科大の女性差別や「#Me Too」運動まで、マイノリティや人権問題について語り合った。

浅田

豊洲への移転直後の築地市場に行ってみたら、もう中には入れなかったけど、外にある波除神社に行ってみたら、案外おもしろかったね。鮟鱇あんこう塚とか海老塚とか、魚介を供養する塚がいくつもあって、なかには昆布塚や寿司塚なんてのもある。狛犬こまいぬの代わりなのか、左右に巨大な獅子頭が祀られてて、それを担ぐ「つきじ獅子祭」ってのが毎年6月に行われるみたいだけど、その大獅子頭や大神輿を新調・修理するのに数千万円もかかったらしい。そうやって事あるごとに寄付金を出してた氏子が築地には大勢いたわけだ。そういうのを含めた文化が築地の魅力だったんで、それがない豊洲を観光地にしようとしてもねえ……。

田中

パリ第1区のレ・アールに12世紀からあった中央卸売市場は、19世紀半ばのナポレオン3世の時代に上下水道整備と共に現在のパリの街並みを形づくったセーヌ県知事のジョルジュ・オスマンが、当時としては斬新な鉄骨とガラス屋根の建物に改造して食都の胃袋を満たしてきた。その後、賛否両論の中で1970年前後にオルリー空港の近くに移転して、跡地にはフォーラム・デ・アールとジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センターが出現した。

イタリア出身のレンゾ・ピアノとイギリス出身のリチャード・ロジャースが設計した近・現代美術の拠点の後者のデザインは今でも評価が分かれているし、郊外からの列車や地下鉄が地下に乗り入れる複合商業施設の前者に至っては悪評紛々で、2001年にパリ市長に就任したベルトラン・ドラノエが全面改築を提唱して15年、今から2年前に新レ・アールが誕生した。オスマン時代を意識してかガラスを多用して自然光を取り入れているけど、こちらも評価は微妙でしょ。この一廓には建築家ヴィクトール・バルタールの亡霊が徘徊しているんじゃないかと「都市伝説」が囁かれる始末。

浅田

近くの旧・商品取引所をフランソワ・ピノーの依頼で安藤忠雄が美術館に改築中。昔の建物を残しつつ中に新しい空間をつくる手法はおもしろいんじゃないかな。来秋完成予定なんで要注目。

田中

交番、カラオケと並んで今や世界用語となった「TSUKIJI」の場内・場外市場をサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフを超える文化拠点として再整備してこそ、国民1人当たりの魚介類消費量がアメリカの3倍の日本を訪れる来訪者にとってもハッピーなクールジャパン。実は2007年の『ソトコト』12月号から「憂国呆談」が再開したんだけど(スタートは1989年創刊の『CREA』、その後自動車雑誌の『NAVI』『GQ JAPAN』『週刊ダイヤモンド』と流浪の旅の末に『ソトコト』へと河岸を移す)、その初回でも「築地移転問題と賞味期限切れ」を「今月の憂いゴト」として語り合っているんだよ。(HPのバックナンバーで閲覧可能)

県知事から参議院議員に転身した僕は、場内市場の人たちと一緒に築地から銀座、日本橋へと、絶叫型でなく語り掛け型のデモ行進を2008年と2009年に行った。その中心人物として活動してくれたのが『築地を考える会』代表の山崎康弘さんで、彼は今年で創業60年になる仲卸の『(株)山治』で、今や父親から代替わりして社長を務めている。当時、僕が司会していたTV番組でも熱弁を展開してくれてね。ところがビックリ、豊洲オープンのニュース映像を観たら、東京都知事の“緑のおばさん”と握手を交わして、「世界一の豊洲市場にしましょう」と喋っていた。いやぁ変わり身の早さは彼女に負けないなぁと感服(苦笑)。

『週刊新潮』は「潜入取材! 来場者は知らない『豊洲新市場』のトラブルガイド」特集を組んで、「冷凍マグロが解けだした!すでにゴキブリ大繁殖!」「設計は本当に最悪 ターレで死亡事故の危険性」と見出しを打っている。移転後の築地跡地がどうなるのか、東京都はまったく決められないでいるけど、石炭を原料に1日200万立方メートルの都市ガスを20年間製造していた豊洲ガスふ頭跡地の「風評問題」が再燃すれば、横浜の中央卸売市場や千葉の地方卸売市場がイメージも交通の便も含めて相対的に浮上してくるかも知れないね。

田中 康夫

田中康夫 たなか・やすお
1956年東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。大学在学中に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞受賞。長野県知事、参議院議員、衆議院議員を歴任。最新刊は『33年後のなんとなく、クリスタル』。http://tanakayasuo.me

浅田 彰

浅田 彰 あさだ・あきら
1957年兵庫県生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程中退。京都造形芸術大学教授。83年に出版されたデビュー作『構造と力─記号論を超えて』はベストセラーに。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.