ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

田中康夫と浅田 彰の憂国呆談2

伝説の流転企画「憂国呆談」がなんと『ソトコト』で上げ潮進行中!希代の舌鋒ふたりによる、ロハスな社会のためのクロストーク。鋭く、ときにゆるく、ときにトリッキーにお届けいたします。

このサイトは、月刊『ソトコト』で連載中の記事を掲載しています。最新の記事は、『ソトコト』で読むことができます。また、WEBでは本誌で掲載しきれなかった対談内容を見ることができます。

次へ »

talk.131

川端龍子の会場芸術から、秋篠宮とローラの発言、1979年に始まったグローバル資本主義の行く末まで。

東京・大田区の『大田区立龍子記念館』を訪れた田中・浅田両氏。川端龍子自身が設計した自邸や画室、庭を見て歩きながら、館内では「会場芸術」と呼ばれる龍子の巨大な日本画を鑑賞。近代日本画に革新を起こした画業を振り返った。一方で、いまだ「革新」がなされないまま、グローバル資本主義の荒波に呑み込まれている日本の現状を憂えた。

talk.130

自由学園のデザインから、閉校した文化学院、カルロス・ゴーンの解任、水道の民営化まで。

東京・西池袋で、使いながら文化財的価値を保存する動態保存のモデルとして運営されている『自由学園明日館』。フランク・ロイド・ライトが設計した建物を見学し、喫茶室でお茶を飲んだ田中・浅田両氏。自由学園の教育から、閉校した文化学院、世界を震撼させた「カルロス・ゴーン解任」について語り合った。

talk.129

教科書図書館から、司馬遼太郎史観、出入国管理法改正案、中東諸国との外交策まで。

東京・江東区にある『教科書図書館』を訪れた田中・浅田両氏。館長の辰野裕一さんと事務局長の羽田喜次さんに案内されながら、明治時代の小学校の難しい教科書や、戦後の墨塗り教科書、公開されている検定前後の教科書を閲覧しながら日本の歴史を考え、現在、国会で議論されている「移民政策」や、カショギ氏殺害事件のあった中東諸国との関わり方を語り合った。

talk.128

『新潮45』の休刊、ポリティカル・コレクトネスから、東京医科大の女性差別、アメリカ最高裁判事候補への告発まで。

豊洲へ移転した直後に東京・築地市場に足を運ぶも、入口で都職員に制止され、敷地に入れなかった田中・浅田両氏。波除なみよけ神社の境内や場外市場を散策しながら、『新潮45』の休刊やヘイトスピーチ規制条例、東京医科大の女性差別や「#Me Too」運動まで、マイノリティや人権問題について語り合った。

talk.127

英連邦戦死者墓地から、日本軍の収容所での捕虜虐待、相次ぐ台風・地震列島ニッポン、重厚長大なIT時代まで。

第二次世界大戦中に日本で戦死した捕虜を埋葬した横浜市の英連邦戦死者墓地を訪ねた田中・浅田両氏。イギリスやオーストラリアなど、出身国ごとに埋葬された兵士の墓に目を向けながら、日本軍の捕虜に対する虐待を思い、現在の日本と世界の情勢を論じ合った。

talk.126

多摩川水害の教訓から、酷暑の東京五輪、横浜にMICEの提言、カジノ資本主義への危惧。

1974年に発生した多摩川水害の現場や、二ヶ領用水宿河原堰のそばにある『二ヶ領せせらぎ館』を訪ね、治水の重要性を改めて語った田中・浅田両氏。最高気温が35度を超える多摩川河川敷を歩きながら、酷暑対策を迫られる東京オリンピック・パラリンピックや、横浜にMICEを建設する提案についても語り合った。

talk.125

サッカーW杯から、大阪府北部地震、西日本豪雨被害、記録的猛暑まで。

東京・大田区にあるカフェ&レンタルスペース『蓮月』で、中庭で採れた梅からつくった梅ソーダを飲みながら、2階の畳の間で対談を始めた田中、浅田両氏。サッカーワールドカップの話題に花(?)を咲かせ、間違いだらけな日本の治水・治山が生んだ西日本豪雨の被害についても語り合った。

talk.124

米朝首脳会談から、日本の対北朝鮮外交、サッカーワールドカップ、安倍政権の行方まで。

6月12日、アメリカと北朝鮮による史上初の首脳会談がシンガポールで開催された。その道のりは紆余曲折あったものの、無事終了。田中・浅田両氏は、東京・千代田区にある在日本朝鮮人総聯合会のある通りを歩きながら、本当に「無事」と言えるのかを語り合った。

talk.123

岡本太郎の「太陽の塔」から、国立民族学博物館の原点、アラーキーのセクハラ告発まで。

大阪・吹田の万博記念公園にそびえる「太陽の塔」。公開中の内部を見学しようと田中・浅田両氏が訪れた。さらに、それを機に収集された民族資料を展示する国立民族学博物館や、旧・鉄鋼館も見学。エネルギーにあふれた1970年万博を振り返りつつ、今の日本を憂えた。

talk.122

名古屋市教委の姿勢から、瓦解する安倍政権、子宮頸がん予防ワクチン、受動喫煙対策まで。

東京・日本橋の小伝馬町駅からすぐ近くの食とカルチャーの発信拠点『ANDON』で、秋田のおいしいお米を使ったおむすびを頬張りながら、日本の現状を憂えた田中・浅田両氏。以前から田中氏が警鐘を鳴らし続けている子宮頸がん予防ワクチンについても指摘した。

次へ »

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.