ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

sotokoto interview

“アートと日常、アートとコミュニティの融合を模索する。/イギリスの建築家集団 アッセンブル ASSEMBLE/イギリスの建築家集団『ASSEMBLE』が、同国のリバプールで手がける地域再生プロジェクトから生まれた「グランビー・ワークショップ」。偶然と即興性を受け入れ、楽しみ、挑戦することを活動の「ルール」として、雇用と創作活動の促進へとアプローチする。このワークショップが東京・銀座にある『資生堂ギャラリー』で再現された。そこで生まれ、引き継がれるものとは? photographs by Yusuke Abe  text by Kaya Okada

人とのつながりの中で、制作をすることに刺激を受ける。

photo
『アートが日常を変える 福原信三の美学 Granby Workshop:The Rules of Production』の展示物。資生堂の初代社長であり、資生堂ギャラリーの創設者である福原信三氏の足跡も辿れる。同展は3月17日まで開催中。入場無料。詳細はホームページで。
www.shiseidogroup.jp/gallery
いつもは静謐に満ちたギャラリーの中にスタジオがつくられ、十数人が共同で行うものづくりの光景が出現した。今年、開廊100周年を迎える東京・銀座の『資生堂ギャラリー』が企画した特別展「アートが日常を変える 福原信三の美学 Granby Workshop:The Rules of Production」での一場面だ。会期中に、陶芸の作品を型からつくり、完成までを見せていく内容となっている。

このスタジオは、イギリスのリバプールを本拠地とする取り組み「グランビー・ワークショップ」を再現したもの。グランビー・ワークショップは、同国の建築家集団『ASSEMBLE(アッセンブル)』が、リバプールにあるグランビー地区の地域住民と一緒に、放置状態にあった都市空間を芸術的側面からアプローチして活性化させる取り組みから生まれた。

そんな彼らが、今回の特別展を行うにあたって注目したのは、日常に美しさをもたらす日本の工芸品である陶芸だ。かつてイギリス人の陶芸家、バーナード・リーチとともに制作を行った、同じく陶芸家の濱田庄司が窯を開いた栃木県・益子町ましこまちでリサーチを行い、日本の伝統的な陶芸プロセスを取り込みながら、スリップキャスティング(鋳込み成形)という現代的な手法で、特別展の期間中に作品を制作する。会期の前半に一般公募で集まった人々といっしょに成形をし、益子で窯焼きを行い、会場でその完成品を展示する。

こうした実験的ともいえる日本での制作は、アッセンブルとグランビー・ワークショップにとってどんな意義を持つのだろう。来日したアッセンブルのメンバー、ルイス・ジョーンズ氏に、アートと日常の関係性について聞いた。
photo
会場では、アッセンブル・メンバーのルイス(右手前)とともに、グランビー・ワークショップのサマァ、タキヤ、ランティも作品を制作。

今回の展示は、制作過程を共有しながら見せていくという形式をとっています。こうした方法はこれまでも実践されてきたのでしょうか?

展示方法も、作品の制作方法も、私たちにとって初めてのことです。普段のアート活動は開かれた状態ではなく、どちらかというと閉鎖的な空間で行っているので、人とのつながりの中での制作は非常に刺激的。今後も継続していきたいと思いました。

リバプールのグランビー・ワークショップでは、タイルやドアの把手などを主に制作されています。今回採用したスリップキャスティング(鋳込み成形)という技法での、陶器の制作はよく行われてきたのでしょうか?

スリップキャスティングは通常、大量生産で行う手法。つまり型がひとつあればレプリカをつくることができます。今回はこの技法を応用して、交換可能な8つのパーツを組み合わせることで、形や大きさ、バランスが違うさまざまな型がつくれるようにしました。パーツを組み合わせて流し込むという方法を試すのは、今回が初めてです。

全文は本誌最新号(2019年4月号)に掲載!

アッセンブル ASSEMBLE

アッセンブル ASSEMBLE
アッセンブル●2010年、イギリス・ロンドンで設立された建築家集団。さまざまなスキルをもつ16人のメンバーが、家具、公共スペース、公共劇場など、さまざまなプロジェクトに取り組む。リバプールのコミュニティ再生を芸術的側面から行うプロジェクト「グランビー・フォー・ストリーツ」は2013年からスタート。この取り組みが評価され、2015年、イギリスの現代美術のアーティストに授与される「ターナー賞」を受賞した。この写真は今回の陶芸作品の制作スタジオとなった『資生堂ギャラリー』で撮影。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.