ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

KEYWORDSで絞り込む

vol.162 フルーツフライの物語

生物学では、ラットもしくはマウスが実験動物として多用される。ラットは大型のネズミ。マウスは小型のネズミである。両方とも哺乳動物であり、臓器の仕組みも、必須アミノ酸の種類も、代謝の回路も基本的にヒトとほぼ同じなのでモデル動物として使えるのである。妊娠期間は20日と短く(それゆえ別名はハツカネズミ)、文字どおりねずみ算式に増えるが、性的に成熟して次の世代をつくれるまでに2か月半ほどかかる。

vol.95 早老症の解明

ウェルナー症候群、あるいはコケイン症候群と呼ばれる不思議な病気がある。奇妙な病名は、それぞれ発見者の名前に由来する。老化現象が極端に早く進んでしまう早老症である。まだ若いうちから(症例によっては子どものうちから)、老人特有の見かけや症状が出る。皮膚に皺が寄り、白髪になり、白内障や骨粗鬆症を呈する。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.