ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

福岡伸一の生命浮遊

毎年10月の第1週は、ノーベル賞のシーズン。私は、解説要員として新聞社で待機していた。まじめに大学で研究に邁進していれば、あるいはもらう側になれたかもしれないが、生半可なモノ書きになってしまったせいで、もっぱら解説する側に回っている……というのは冗談として、昨年の大隅良典氏、一昨年の大村智氏、梶田隆章氏、その前年の赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏など、このところ日本人が相次いで受賞しており(中村修二氏は受賞時、米国籍)、まるでオリンピックのメダル獲得ニュースに似た様相を呈している。

日本人がノーベル賞に輝くことはもちろん喜ばしいことだが、注意しなければならない点は、日本人のノーベル賞受賞ラッシュが、そのまま現在の日本の科学水準の隆盛および科学行政の成功を示しているわけではない、ということだ。科学的な発見は、そのほとんどの場合、発見が行われた瞬間および直後は、それが大発見なのかどうかわからないことが多い。その発見が次の発見につながり、それが連鎖して新しい分野が切り開かれ、応用面でも成果が表れるためには時間がかかる。

また、発見の評価が定まるためにも一定のインキュベーション期間が必要となる。ノーベル賞の選考委員会はそれをじっと待つ。だから今のノーベル賞受賞者が、対象となる発見を成し遂げたのは、かなり以前のこと、場合によっては何十年も前のことであることが多い。つまり、このところの日本人ノーベル賞ラッシュは、いまから30年ほど前の発見が伏流水となって大きな水脈をつくり、その成果がようやく目に見えるかたちで湧水となったもの、といえるのだ。

さて、今年のノーベル生理学・医学賞は、生物時計の研究に対して、ジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・ヤングの3氏に授与された。このうち、マイケル・ヤング氏は、ロックフェラー大学所属であり、彼の研究チームがこの成果を発表しはじめた1980年代、ちょうど私も、かけだしのポスドク(博士研究員)として同じロックフェラー大学で研究修業を行っていたときだったので、感激もひとしおである。マイケル・ヤング氏は、一見、フォーク歌手のような風貌で、キャンパスをラフなジーンズ姿で歩いている光景を何度も見かけたことがある。

...全文は本誌最新号(2017年12月号)に掲載


福岡 伸一 ふくおか・しんいち
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。

オフィシャルブログ
http://fukuoka-hakase.cocolog-nifty.com/

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.