ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

国産魚介類

国産魚介類の消費量は減少し、街の魚屋は3年間で1000軒ほど廃業したという。今こそ魚食の魅力を伝え、これを復興させねばと、水産庁の職員である上田勝彦さんは有志を集めて『Re-Fish』を立ちあげた。

photo:Hiroshi Takaoka

双子の姉妹

『芦川ぷらす』の保要佳江さん(左)と、志帆さん。山と山が迫った谷あいの限界集落、芦川町。東京から90分という立地を活かして、都市と山村をつなぐ活動を行っている双子の姉妹だ。

受験当日

受験当日。バングラデシュで展開する全4校から集まったチューターたちと試験終了後の生徒たち。2013年度の受講者は200人となった。そのうち、15名がダッカ大学に合格した。

将来

2013年度で4度目となったe-Educationの映像授業の様子。イスラム教国で、社会への女性の進出は重要な課題。彼女たちがこの国の将来を担っていくことになるだろう。

開門を待つ

映像教育で革命を起こし続ける税所篤快くんは2013年11月4日、バングラデシュのダッカ大学にいた。開門を待つ受験生たちの列。人口密度の高いダッカでも、これはスゴイ。

ポートランド

マイケル・オルソンヘッドコーチ。「子どもの頃、地元・ポートランドのチームの練習を父親と見学し、リバウンドボールを選手に戻したことが思い出に残っています」。

支える

チームスタッフと、ボランティアが勢揃い。東京エクセレンスはホームゲーム開催時に試合の準備や運営を手伝うボランティアを募集。スポーツを観るだけでなく、「支える」というかたちで参加できる。

圧勝

1月19日、「東京エクセレンス」のホーム、東京都板橋区の小豆沢体育館でのリーグ後半戦。序盤戦から有利に試合を進めて、結果的に98対52で圧勝した。

市民のチーム

2013年に誕生した、NBDL所属のプロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」。プロスポーツは企業が持つものという既成概念があるが、東京エクセレンスは市民みんなのチームである。

つなぎ隊

“つなぎ隊”と呼ばれる主力メンバーのみなさん。総勢20名ほどのつなぎ隊は、色とりどりのつなぎを着て、レッツ掃除! 代表のやまださんとともに、古民家からテキパキと荷物を出していく。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.