ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

丁番

眼鏡作りの過程。ノミで丁番を斜めに切る作業。完成するまでには、細かな作業が続き、一つの眼鏡が完成するのに最短でも丸3日間はかかる。

素材

クロガキなど珍しい樹種のほか、壊れたスケートボードを材料に使った眼鏡までフレームの素材はさまざま。異なる機種を接ぎ合わせた寄せ木も。

手業

裏には造園用の畑が広がる静かな環境で、手鉋でフレームにカーブをつける作業。神田さんの手業が光る。木を知り、木を愛する、そんな神田さんの姿勢が作業の端々から伝わってくる。

改装

東京・立川にある、木の眼鏡をつくる『63mokko』の工房併設ギャラリー。賃貸物件を代表の神田武蔵さん自身で改装して、2015年12月半ばにオープンした。昔のよさを残した空間だ。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.