ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

手袋をファッションに。

『福田手袋』の工場では、今夏の新商品のUV手袋を生産中。縫代わずか2ミリの繊細な仕事。生地が薄ければなおさら。「手袋を防寒具ではなく、ファッションの一部として一年中楽しめるものにしたい」とのこと。

東かがわ一の老舗。

「tet.」の協力メーカーの一つ、『福田手袋』の縫製工場。職人歴50年以上というベテランの職人さんもいて、会社としては創業105年になる東かがわ市でも一番の老舗だ。

手袋のまち、東かがわ市。

香川県東かがわ市は、人口3万人余りの小さな海辺のまち。海と山に囲まれていて耕地が狭く、明治から130年かけて手袋産業が根付いた。手袋の国内シェア90パーセントを誇る知る人ぞ知る手袋のまちだ。

雑談も手袋の話に。

「tet.」の協力メーカーの一つ、『福田手袋』3代目・福田洋市さんとの雑談も、気がつけば手袋の話に。「職人の技術を手袋以外にも活かせないですかね」と提案する松下文さん。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.