ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

『GET湯!』

梅湯の近所に店を構えるカルチャーショップの店主と一緒に「銭湯を盛り上げよう」と話し合って始まったイベント『GET湯!』のステッカー。クラブでのDJやライブ、作家が製作した銭湯に関わるグッズの販売などを展開。

風呂上がりにどうぞ。

京都で最後の1軒となった鉱泉所にレシピを伝授してもらった冷やしあめ。瓶に「ネクシー」と表記されているのは再生瓶を使用しているから。現在は滋賀県八日市市で製造している。ラムネやメロンジュースも復刻予定。

ノリはライブの物販。

Tシャツのロゴは昭和20年代に使われていた梅湯のオリジナル暖簾から抜粋したもの。ショルダーバックは煙突新築記念ライブ「煙突」に合わせて製作。二階の窓から見えた壊す前のコンクリート煙突を描いてある。

うちにはロビー有り。

何度も足を運んでくれるお客さんにはなるべく積極的にコミュニケーションをはかる「銭湯活動家」の湊三次郎さん。梅湯はもともと昔ながらの番台型だったが、フロント型に改装してロビーを造った。

今日も開湯です。

風呂掃除は毎日約2時間かけて行い、梅湯の営業開始前には薪をくべて湯を沸かす「銭湯活動家」の湊三次郎さん。「やっていくうちに覚えた」という適温調整で湯加減を見て、今日も開店!

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.