ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

どちらか一人

姉の眞嶋麻衣さん(右)と妹の佐々木砂良さん。ふだんは、どちらか一人が店に立つ。高齢のお客さんも多いため、エスニック系のデリから焼き菓子メインのカフェに変化した。

丸田ストアー

スプンフルは、小金井の住宅街で古くから住民に親しまれている『丸田ストアー』の一角にある。 「実家がすぐそばなんです。母は毎日ここで夕飯の買い物をしていました」と、店長の眞嶋麻衣さん。

神代団地

1965年に建てられた調布市の、神代団地の中にある『手紙舎つつじヶ丘本店』。ランチを楽しむ近隣住民や、1960~70年代の料理本や雑誌を読む人など、ゆっくりとした時間が流れている。

自家製シロップ

神代団地にある『手紙舎つつじヶ丘本店』。自家製シロップとワインもいただける。店内に置かれている本は、調布に事務所をかまえる「古書モダン・クラシック」によるセレクト。購入も可能。

大きな窓

大きな窓があるオープンキッチンから陽光が降り注ぎ、やさしい印象を受ける『手紙舎 2nd STORY』。おいしいご飯を味わえるカフェ、美しい暮らしの道具や紙ものなどを揃えた雑貨店がある。

手紙舎手芸店 trois

『手紙舎 2nd STORY』の上の階には、作家のテキスタイルを販売する『手紙舎手芸店 trois』がある。デザイナーのアトリエのような空間に足を踏み入れると、自分も何かつくってみたくなる。

調布かるた

手紙社が手がけた「調布かるた」。『手紙舎 2nd STORY』にはギャラリースペースもあり、手紙社が出会った作家たちの企画展が行われている。

クロックムッシュ

ホワイトソースとチーズの相性抜群のクロックムッシュ。「手紙舎ブレンド」などのコーヒーも人気だ。ちなみにオススメのメニューは、スパイスチャイ。シナモンやクローブなどの5種類のスパイスが入っている。

手紙社

「手紙社」を束ねる北島勲さんと渡辺洋子さん。 手紙社は、カフェ『手紙舎』をはじめ、「もみじ市」や、古道具や古書が一堂に集まる「東京蚤の市」など、調布を中心に活動している。

広大

カフェの横にあるインテリアショップ『デイリーズ』。インテリア、生活雑貨・調理器具、衣服など、広大なスペースを活かして商品が並んでいる。時間をかけてゆっくりと眺めたい場所だ。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.