ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

交流スペース

近所に住むおばあさんが、自分で育てた野菜を持ってきてくれた。『くど』が地域との交流スペースにもなっている。

地元のごはん

高谷裕治さん・絵里香さんにとって地元のごはんとは、自然に沿って暮らし、田畑で実るものを食卓へ。生き方そのものが凝縮され、社会への表現・発信をするもの。

米づくり

高谷裕治さん・絵里香さんは、もともとは米づくりを敬遠していた。田んぼ向きの土地と出会ったなか、自然栽培を大事にし、蒜山のおいしい水を生かすことができると思い、米づくりをはじめた。

農家の食卓

蒜山耕藝で、自然栽培の農業を始めた高谷裕治さん、絵里香さん夫妻。私たちが普段食べている農家の食卓を食べてもらいたいと「くど」というお店で料理を提供している。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.