ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

60年

職人歴60年の佐藤實さん。常に新しい点字印刷の表現の可能性を探ってきた。就労継続支援B型施設『チャレンジ』は、東京・杉並の社会福祉法人『視覚障害者支援総合センター』が運営している。

新たな社会

「素材にもこだわっているので、みんなにはっぱをかけています(笑)。働くことの意識を高められたら」と醤野さん。新しい素材や表現に“チャレンジ”して、新たな社会を築いていく。

西荻紙店

『西荻紙店』を企画運営する、デザイナーの三星安澄さん。コタコタのデザインを担当する。新しい表現として、点字印刷を広めていきたいという。

チャレンジ

「趣味で好きだった文房具が仕事にできてうれしい」とチャレンジのスタッフ・醤野晴代さん。始まりは、隣駅にある紙製品を扱う『西荻紙店』主催の工場見学イベントに参加した2年前のことだった。

点字教科書

福祉作業所とデザイナーがタッグを組み、持てる点字印刷の技術を新たな表現でプロダクトにするブランド「コタコタ」。これを製作する「チャレンジ」では、今まで盲学校用の点字教科書などを印刷してきた。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.