ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

海が近いから。

兄の下里大樹さん(写真左)はDJになる前、2年ほど農業を手伝っていた。兄弟でトマトの出来栄えをチェック。三浦の野菜は海が近いことからミネラルが豊富で、瑞々しいのに味が濃いのが特徴。

下里家の男たち。

「こうやって家族揃って写真を撮るのは、初めてかもしれない」と兄の下里大樹さん(写真右)。弟の健城さんはファーマー(写真左)。下里兄弟がリスペクとするお父さん(写真中央)はサザン好き。

フェス会場は農園です。

農園を会場にした「M Town Festival」の開催地となる『下里ファーム』は、江戸時代から続く三浦市宮川町にある農家さん。畑から海まで歩いて10分、近くには城ヶ島がある。農園にいても海の匂いが漂ってくるほどだ。

三崎らしい風景。

三浦半島最南端、三崎。今でも第一次産業の従事者たちが働いている。最寄りの三崎口駅から港にかけての土地には緩やかな傾斜が続く。空と農園が広がり、奥には海が見えるこの景色は「三浦らしい風景」のひとつ。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.