ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

キャリア4年

愛妻弁当歴4年の中川宏實社長。15名の社員で福祉用具レンタルと販売、高齢者・障害者専門の住宅改善に取り組む。

photo:Yasuo Kubota

誠実なお弁当

京都市『安心ライフ』の中川宏實社長のお弁当。二段重ねの上段はおかずブース。豚の生姜焼き、筑前煮、卵焼き、タコとキュウリの酢の物。下段は春らしい豆ごはん。

photo:Yasuo Kubota

女子トーク

社食でのひとコマ。テレビ話で女子トーク。みんなマイ箸を置いておくが、「もう区別がなくなって」。家族同然なのです。

photo:Atsushi Okuyama

土と野菜の関係

会長の附田廣志さんの広大な仕事場。鶏糞を撒いて無農薬で栽培。「ダイコンは黒い土、ジャガイモやサツマイモは赤土のほうがよく育つなぁ」。

photo:Atsushi Okuyama

極寒の冬にも野菜

「冬の寒い今の時期のホウレン草はすごく甘いの」と鈴木稲子さん。この日は、昨秋、収穫し保存しておいた野菜を使って筑前煮もつくった。

photo:Atsushi Okuyama

作業台シェアリング

全国呉服店から着物の注文仕立てを受ける技能集団の会社。一人で1着を縫い上げる。一人1台だった作業台は震災以降、節電し、2人で使っている。

photo:Atsushi Okuyama

誠実な社食

青森県三沢市の『附田(つくだ)和裁研究所』の社食。摘みたてホウレン草のおひたし、だし巻き卵、秋に収穫した野菜の筑前煮、長芋水団味噌汁、煮リンゴ。

photo:Atsushi Okuyama

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.