ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

絵本

群馬県の小さな書店『本の家』。絵本であふれる代表の続木美和子さんと娘のあかりさん。ここに集う人々が国際的に有名な絵本作家の招聘をしたり、市民公園の計画立案などに関わっている。

阿櫻酒造

和賀さんと矢野さんは、横手市にある5蔵のひとつ、『阿櫻酒造』を訪問。昨年、黄綬褒章を受章した杜氏の照井俊男さんが、蔵を案内しながら酒造りについて教えてくれた。

家守

2015年8月に移住し、「シェアビレッジ町村」の家守を務める半田理人さん。築133年の古民家を活用して「BABAME BASE」の入居者らが立ち上げたスペースだ。

ドチャベン

『こめたび』のスーパー農家、“茂じぃ”こと伊藤茂光さん宅を訪問し、「ドチャベン(土着ベンチャー)」の入賞者・矢野智美さんを紹介。“がっこ”と呼ばれる自家製の漬け物でのもてなしも。

バー

2015年10月に開店した『よこてのわがや』。秋田県横手市にある5蔵の日本酒、県南産の食が味わえるスタンディングバーだ。上階は、ここを運営する株式会社『こめたび』の和賀さん夫婦が暮らす家だ。

aeru

太刀川さんがデザインディレクションを手がける「0から6歳の伝統ブランドaeru」。代表の矢島里佳さんは、「もう一度、『暮らし手になろうよ』と自分も含めて再考する必要があると感じています」と話す。

RIMPA400

『NOSIGNER』代表の太刀川さんは、町家を利用した京都オフィスで、京都の伝統工芸に携わる6人の職人と協業し“次世代の琳派”と呼べるプロダクトを生むプロジェクト「RIMPA400」を開催した。

太刀川瑛弼さん

『NOSIGNER』代表の太刀川瑛弼さん。京都オフィスにて、京提灯『小嶋商店』の小嶋俊さん・諒さんと協業した照明器具の前で。

生産者ごと

9人の生産者ごとのロゴ印入り。「日当たりや霧の量の違いで一軒一軒、味が微妙に変わってきます。濃厚な味、まろやかな味、と違いが出ます」と生産者の一人、森下安男さん。

茶むらい

期間限定でオープンした『緑茶カフェ 茶むらい』。JR中井侍駅に隣接する民家の一部を開放してもらい、生産者9軒のお茶を飲み比べられるようにした。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.