ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

合わせなくていい

取締役の大石淳司さん(35歳)は、高校卒業後に益田を出て以来東京で仕事をしている。「益田の仕事を活かすには、無理矢理東京に合わせなくていい」。

フラット

『益田工房』代表の洪昌督さん(35歳)。「競争力、スピード感、人の距離がまるで違う東京。そして、フィーリングで仕事をする益田。両方のバランスを保って、フラットな状態でいられるように心掛けています」。

元ビリヤード場

島根県益田市にある『益田工房』。元ビリヤード場の物件のため、縦に長い間取り。益田のオフィスの壁には、「社員旅行」と称して東京に行ったときの写真が。

都会的

東京都渋谷区の『益田工房』。代々木上原の一等地にあり、都会的なセンスが光る。「東京っぽいオフィスにしたかった」と大石淳司さん。家賃は、益田よりゼロが1つ多いという。

2つの場所

島根県益田市と東京都渋谷区の2つの場所に拠点を構えるデザイン会社『益田工房』。“畑”と“ビル”。”ゆるさ”と“競争”。“感情”と“クオリティ”。2つの場所を行き来しながら、会社をまわしている。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.