ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

まちに開かれたデザイン

練馬区のアパートでは、住居とまちを隔てるものである塀を、発想の転換で「みんなが集える共用部」にした。隣の家のおじいさんから聞いた「人と人がつながらず寂しい」との思いが、このデザインのヒントになった。

どう暮らすか

譲り受けた家は築40年ほど。傷みきっていたのを、リノベーション。手伝ってくれた数人が最初の住人になった。できあがった後も積極的に手を入れ、今も頻繁に模様替えを行う。

生まれも育ちも武蔵境

譲り受けた一軒家をシェアハウスに。瀬川翠さんは、大家として住み込みながら開かれた家づくりを目指す。高校時代、遠い親戚のおじさんと仲良くなり、その家に入り浸るようになった。これが「武蔵境アンモナイツ」の原型だ。

みんながハッピーになる家

東京都武蔵野市の住宅街にあるシェアハウス『武蔵境アンモナイツ』の大家として運営する瀬川翠さんは、「みんながハッピーになれる場所づくり」を目指して活動している。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.