ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

ひとりじゃない

おもちゃや絵本もシェア。子どもたちは姉妹のように和気あいあいと、母親同士は親友のように過ごしている。「ひとりじゃない」という心の支えは、自然と周囲への思いやりにつながる。

全員女子!

川崎市にある次世代シェアハウス「ペアレンティングホーム高津」は、全国でも珍しいシングルマザー向けのシェアハウス。現在6世帯11人(全員女子!)が暮らしている。

研修も

住まいながら、食や経営に関するビジネス研修が受けられる、大田区の次世代シェアハウス「コネクトハウス」。キッチンスタジオがあり、そこも自由に使用できる。

多彩な特技

「シェフ」というあだ名の住人(男性)が中心になり、創作手巻き寿司を用意。みんな多彩な特技をもっている。ちなみに、冷蔵庫の使い方は、区画があてがわれる。

築70年

横浜市の次世代シェアハウス「ゴーヤ邸」。急な丘の斜面に立つ、築70年ほどの日本家屋に11人が暮らす。朝から晩まで、心地いい共有のスペースには自然と住人が集まってくる。

アウトドア好き50人

アウトドア好きばかりが50人暮らす『TENTMENT』では、メーカーの新製品が展示されていたり、サンプルの提供もある。企業にとってマーケティングに適した場所といえるのだ。

小さなメディア

住人同士のやりとりも活発。経済的な理由や通勤通学を考えて共同生活を送る、ゲストハウス的発想を軽々と飛び越えて暮らす。次世代シェアハウスは、もはや小さなメディア。

リベラル&フランク

ダイニングテーブルがコミュニティの核にある。手早く一人分の料理を作る人もいれば、居合わせた人同士で夕食をシェアするグループも。22歳から53歳まで、リベラルに、フランクに同居している。

出会える

次世代シェアハウス『TENTMENT』の、船内キャビンを思わせる各部屋のドア。「普段は交わることのない、世代も職業も違う人が、出会える面白さがある」と住人は言う。

応える

個室というプライベートをもちつつ、広い共有スペースや最新の設備を楽しめるシェアハウス。その次世代型は、「アウトドア好き」「畑を耕したい」「子育てて悩み中」といった人の心の声にまで応えてくれる。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.