ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

東北再生アクセ

石巻市牡鹿半島の小さな漁村のお母さんたちが、土地の素材である鹿角を加工してつくったピアス。ソトコトオンラインショップで発売中。

photo:Takahiro Yamazaki

開花を待ちわびて

最初の植樹が行われた浄土寺の斜面。2011年11月6日に植えられた桜は、神奈川県・松田町から提供されたもの。今年の開花が期待される。

凍土

中には日陰となり、数センチもの厚い氷に覆われた土地も。まずはつるはしで表面を叩き割り、ようやく土が顔を覗かせる。

傷つけないよう

植樹方法をボランティアに指導する、「桜ライン311」副代表の佐藤一男さん。まだ幹の細い苗木を傷つけないよう、一つひとつの動作をていねいに実演しながら説明した。

大地を削って

「地面が凍っててスコップが折れないか心配だったよ」と冗談交じりで話すボランティアさんもいた。11月で、早くも凍てつく。東北の冬は長い。

大島桜

多々ある桜の種類の中でも、病害虫に強いという大島桜などが積極的に植えられている。愛知の中学校から贈られてきた苗木には、メッセージがびっしり。

海の向こうから

市内を流れる気仙川沿いの民家で、昨年11月に行なわれた植樹。海外からもボランティアが訪れた。

かつての場所

岩手県・陸前高田市街市。かつてここに自宅があった家族が、仮植え場所を提供してくれた。「桜ライン311」の活動のスタート。

まごころはためく

大槌町の一角に、元気よくはためく『復興食堂』のノボリ。社会福祉協議会がつくった「遠野まごころネット」が、大槌町に「まごころ広場」を運営する。

photo:Junichiro Kibe

凍みたくあん

宮古市の『魚菜市場』の朝。自家製のたくあんがうっすら凍る寒さに、湯たんぽを抱えた店主たち。あたたかな心が、寒さと災害を乗り超えていく。

photo:Junichiro Kibe

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.