ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

漬蔵たぞう

『漬蔵たぞう』関係者のみなさん。佐賀県鹿島市にある『漬蔵たぞう』は明治初期に創業した老舗漬物屋。ずっと眠っていた蔵が人の集まるスペースに生まれ変わった。

漬物を製造する蔵。広い蔵には、巨大な杉樽、本棚、スピーカーや音響設備、よくわからない骨董品など謎が多い。このように、広い空間を使って物産販売や上映会、ライブなどのイベントを開催している。

漬物製造場所

大きな蔵の左手は『漬蔵たぞう』の漬物製造場所。奥は「百年ピクルス」の製造場所。「冬は外と同じ寒さです」と「百年ピクルス」を製造販売する北御門裕一さん。

ピクルス

食べるとその歯ごたえに驚く。力強い九州の野菜を使った「百年ピクルス」には全国にファンがいる。野菜の力、人の力、歴史の力、いろいろな力が詰まったピクルスだ。

移住先

セソコマサユキさんは、いくつか候補地を巡ったが、旅行でも訪れていて自分のルーツがある沖縄に移住先を決めた。地域ごとの違いを知り、ある程度候補地をしぼったら、今度は季節ごとに訪ねるのもよい。

ビーチ

神奈川から移住し、編集者として沖縄で活動するセソコマサユキさん。移住した当初、車でパッと行ける距離にこんなに気持ちいい場所があるのかと感激した新原ビーチは、今でも家族で訪ねる好きな場所。

定置網漁船

氷見の漁業を象徴する定置網漁船。氷見は定置網発祥の地だ。ブリ以外にも年間通して様々な魚が獲れる。対岸には毎朝セリが行われる卸売市場。ウミネコがよく鳴いている。

たから探し

氷見で「地域を知る」「地域で仕事をつくる」をテーマに活動する『氷見のたから探し研究所』の仲間たちと。このあたり一帯が里山を舞台とするワークショップの拠点。

フクラギウエディング

結婚式は、出世魚であるブリの別名から取って「フクラギ(福来魚)ウエディンブ」と名づけた。慎也さんが転職先の氷見への移住が決まっていた。奈津美さんはプロポーズを受け、氷見への移住はポジティブなものに変わった。

移住と結婚

ふたりの移住先は、ブリの有名な漁業のまち、富山県氷見市、「『楽しそうなことは自分でつくる』を心がけています」。と奈津美さん。「移住したことで、妻の知らなかった一面を知ることができました」。と慎也さん。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.