ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

見送り

島を出る時に見送ってくれる子どもたち。自然と涙があふれてきて、再会を誓う。キャンプがきっかけで一家で再び島を訪ねてくれた家族もいる。知花さん自身も沖縄の海が恋しくなるそう。

エイサー

知花さんも子どものころから踊ったという沖縄の伝統芸能、エイサー。知花さん自ら子どもたちに指導。「沖縄のこともたくさん知ってほしい。受け入れる島の人たちにとっても、よき時間を過ごしてほしい。」と島の子どもたちとも交流した。

福島の親子

知花くららさんは、福島の子どもたちのための保養キャンプを毎年開催している。今年で5回目となったキャンプの場所は、那覇から高速船で1時間離れた、沖縄県・座間味村の慶留間島。親子みんな笑顔あふれる時間となった。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.