ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

針江の風物詩

水路に咲くバイカモは、夏の訪れを告げる針江の風物詩。白くてまるっこい花にファンは多い。

photo:Ayami

分けてもらって

川は親戚も含めた子どもたちの遊び場。「サーフボード」は近所の工場や農家から分けてもらって、たいせつに使う。

photo:Ayami

人を映す鏡

町のあちこちで湧く生水。川端は針江の人にとって特別な場所。川端を見ると持ち主の性格が、なんとなくわかるという。

photo:Ayami

サスティナブル護岸

日吉神社前を流れる針江大川。護岸工事をしているが、虫や魚などが産卵しやすいように、産卵場を設けるなど生態系の維持を考えて整備している。

photo:Ayami

お茶も泳ぐ

川でお茶を冷やすのは普通の光景。しばらく放置しておくとひんやりおいしいお茶となる。壷池では、野菜も冷やされていた。

photo:Ayami

端池の鯉

端池は、川端の外の水路につながっている。一番大きな端池には鯉が棲み、流れに頭を向け気持ちよさそうに泳ぐ。地域の人が植えた花が町に彩りを与える。

photo:Ayami

外川端

昔から「生水(しょうず)」という湧き水を使った「川端」のある暮らしを続けてきた。川端には家の外にある「外川端」、家の中にある「内川端」がある。これは外川端。

photo:Ayami

川端のまち

滋賀県高島市新旭町。針江と呼ばれる集落にある、福田さんの家の「川端(かばた)」。階段の手前の鉄管が打たれたところが湧き水の出る元池。

photo:Ayami

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.