ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

麹の仕込み

味噌の原料となる麹の仕込み。光浦醸造では昔ながらの風景のなか、昔ながらの作業が淡々と行われていた。味噌はじっくりと寝かせることで旨みが増す。

photo:Yurika Terashima

レモンハート

レモンをハート型にした「フロートレモンティー レモンハート」は注文が相次ぎ、生産が追いつかないほどの人気。乾燥させたレモンの輪切りとティーバッグがセットになっていて、味わいと香りがよく馴染んでおいしい。

photo:Yurika Terashima

乾燥工場

爽やかな香りが立ち込める乾燥工場。広島県・瀬戸田産のレモンを一枚一枚ていねいにスライスしていく。レモンを乾燥させる技術が難しいらしく、長い年月をかけて試行錯誤を重ねて、ようやく完成した。

photo:Yurika Terashima

レモンティー

『光浦醸造』は山口県の防府市で150年以上、味噌・醤油を造り続けてきた。そんな老舗の醸造所で人気の商品は、レモンティー。洗練されたパッケージも8代目の光浦健太郎さん自ら独学で手がけたもの。

photo:Yurika Terashima

コミュニケーション

作品を通じたコミュニケーションを大切にしている原田さん。熊本地震で被災したお客さんから、「壊れた家の中で真っ先に原田さんのオートマタ作品を探しました。息子が買ってくれた宝物で、無事でした」という連絡をいただけたそう。

阿吽の呼吸

アトリエで作業中の様子。なんと小学校と高校が同じで、大学時代から交際していたという二人。阿吽の呼吸で制作が進む。食事以外はほとんど作業しているそう。

デッサンノート

原田さんのデッサンノート。日常生活のふとしたときにアイデアが湧くと、原田さん、原田さんはすぐにデッサンを描いてめぐみさんに提案。そこで「いいね!」とめぐみさんの反応がよかったら、採用する。

カフェ

『二象舎』のアトリエに併設されたギャラリー&カフェ『オートマトン』では作品を多数展示。もともと農業用倉庫をセルフリノベーションした。現在、営業はイベント時のみとなっている。

ユーモア

原田さんの作品には、“ユーモア”が散りばめられている。動き出す人形が意外な展開をしたり、オチや遊び心にクスッと笑ってしまうものばかり。これまでに50作品以上を制作している。

オートマタ

西洋からくり人形といわれる「オートマタ」をつくる『二象舎』の原田和明さん・めぐみさん夫妻。木製の箱についたハンドルを回し始めると、動力によって、箱の中で組み合わさった歯車などの部品が動き、箱の上の“人形”が動き出す仕組みだ。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.