ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

「地層食堂」の料理

山椒塩で炒めたじゃがいもの千切りなど、おいしそうなおかずが並ぶ。「地層食堂」の料理は、田舎料理や家庭料理のあたたかさ、素朴さにあふれながら、食材の引き立て方がどこか洗練されている。

photo:Hiroshi Takaoka

料理と一緒に伝えたいこと

稲見さんは、美大生のころ、食のことを表現しようと作品を作りはじめ、学生のうちから一人でケータリング活動を始めた。その後、十日町市で暮らしているときに須田さん(右)と出会った。

photo:Hiroshi Takaoka

「ちょうどいい」料理

「地層食堂」の料理。山椒塩で炒めたじゃがいもの千切りなど、おいしそうなおかずが並ぶ。食器に見立てた地元産の木材に、料理がよく映える。

photo:Hiroshi Takaoka

食の「地層」

新潟県との県境近く、長野県・野沢温泉村では、「地層食堂」というフードユニットが活動している。料理には「食べものが手元にくるまでのストーリーや、関わりがある一人ひとりのことを伝えたい」という思いが詰まっている。

photo:Hiroshi Takaoka

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.