ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

地域の要

毎週金曜日に行われている、TEMの定例ミーティングでは、値段のつけ方や商品の質を上げるためのアイディアが話し合われている。TEMは、地域の人々を強く結びつけた。

photo:Androniki Christodoulou

生活の助け

TEMに参加するザキス・ヨリウスさん。郊外の車修理屋で働く彼は、「TEMの考え方に賛成だし、参加したことで宣伝になった」と話す。確実にTEMが生活を助けている。

photo:Androniki Christodoulou

ギリシャはいま

経済危機に瀕しているギリシャでは、まさに現在、社会全体のシステムが根底から覆ろうとしている。失業率は3年間で2倍以上になり、特に25歳以下の失業率は50%を超える。

photo:Androniki Christodoulou

用紙への記入

欲しいものがあった場合は、TEM専用の用紙に記入する。サービスや商品を提供することで、TEMのポイントが獲得可能だ。一部をTEM、残りをユーロで支払えるお店も少なくない。

photo:Androniki Christodoulou

通貨「TEM」

ヴォロスでは、お金のかわりに地域通貨「TEM」が大活躍。これを使い約500のサービスや商品を得られる。メンバーは約1000名で、1TEMは1ユーロと等価。洋服修理店を半分間借りして、オフィスにしている。

photo:Androniki Christodoulou

ヴォロスのマーケット

2012年4月からスタートした、ヴォロスのマーケット。賑やかで自由な雰囲気が漂う。農産物や加工品、さらには即席のマッサージも受けることができる。

photo:Androniki Christodoulou

ソーシャル時代の物々交換

元工業大学の建物をリノベーションし、マーケットを開ける場所ができあがった。ここでは、毎週土曜日、ソーシャル時代らしい現代の物々交換が行われている。

photo:Androniki Christodoulou

港町、ヴォロス

ギリシャの港町・ヴォロスは、太陽の光が降り注ぐとても美しい街。通貨危機が連日報道されるギリシャだが、お金を使わずにコミュニティを築きあげる、新しいシステムが始まっているという。

photo:Androniki Christodoulou

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.