ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

旦過市場

小倉駅から徒歩約10分の「旦過市場」は、とにかくパワフル! レトロな雰囲気もおばちゃんとの会話も楽しめる。『Tanga Table』のスタッフは、ここで食堂の料理の材料を購入している。

多国籍

「茄子のババガヌーシュとサルサトマトのトルティアピザ」「アボカドトーストとサラダ 柿と生姜のドレッシング」など、多国籍を感じさせるメニューばかり。各500円~。

集まった

現場にいる主なスタッフ。左から、食堂担当のフランス人シェフのガブリエルさん、西方さん、杉尾さん。スタッフはゲストハウスが北九州にできることを喜んで集まった人ばかり。

リノベーションスクール

『Tanaga Table』の誕生のきっかけは、北九州市で開催されている、3泊4日の人気講座「リノベーションスクール」。参加者はユニットごとに課題となるリアルな空き物件を与えられ、事業計画を練る。

メンバーたち

北九州の台所といわれる「旦過市場」の目の前に、2015年9月、食堂兼ゲストハウス『Hostel & Dining“Tanga Table”』がオープンした。今も月に2回ほど話し合っているというメンバーたち。

遊休ストック

開発が進む一方で、昔ながらの商店街や民家、長屋が残されている小倉エリア。リノベーションスクールでは、遊休ストックを逆手にとり、地域全体のリノベーションとコミュニティの再生を目指している。

魚町

かつて小倉の魚町といえば、商売人なら誰もが店を出したがった花形商店街だった。けれど今は人が減り、郊外の量販店やネット通販などの隆盛で、ここで商売することに魅力がなくなってしまった。

三木屋

約20年の間住み手を失っていた、魚町の中心にあった築60年の日本家屋をカフェ&イベントスペースとして再生した「三木屋」。街中とは思えない落ち着いた空間を造り出した。

中屋ビル

「中屋ビル」では、ほぼ一棟貸ししていた婦人服店の撤退に伴い、シェアデスクや若手オーナーの店舗街、手作り作家の集合アトリエなど、フロアごとにコンセプトを設定しリノベーション。

coclass

古いビルの4階部分がシェアハウス「coclass」。入居者自身に内装をDIYしてもらうことで、改修の初期投資を抑えた物件。1階にはDIYのワークショップ施設もある。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.