ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

樹齢約600年。

『正徳寺』の住職・浦霧慶哉さんと、『稲佐神社』の禰宜・笠原猛さんは、「白石雅楽会』のメンバー。その『稲佐神社』は神仏融合のお宮として知られていて、境内には樹齢約600年のクスノキがある。

江戸時代の干拓地。

佐賀県中南部、有明海に面した白石町は、江戸時代の干拓によってできた土地。周囲約10キロ四方に玉ネギやれんこんなどの畑が広がる。

お寺で食事をする。

浄土真宗本願寺派の『正徳寺』で開催される「お寺からはじまる出会い」では、住職の浦霧慶哉さんの心を動かした、地元生産者がつくった素材をつかった料理をみんなで食べる。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.