ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

広大

カフェの横にあるインテリアショップ『デイリーズ』。インテリア、生活雑貨・調理器具、衣服など、広大なスペースを活かして商品が並んでいる。時間をかけてゆっくりと眺めたい場所だ。

心機一転

「かつてここは大手家具店で、僕は店長でした。時代の流れで閉店になったとき、不動産屋さんに『独立したら?』と勧められ、仲間と心機一転デイリーズを開いたんです」と横田さん。

受け継いだ

横田さんが長年通う、高円寺の『カフェテラス ごん』から受け継いだカレーライス。お年寄りのお客さんに「魚の煮つけが食べたい」と言われれば、要望に応えてメニューも変化。地元で愛される店となった。

ゆったり感

「東京の西側には、ゆったり感がある」と話す、三鷹の『デイリーズカフェ』の代表・横田千里さん。16年前にスタートしたカフェは、近隣のお年寄りや子連れママの憩いの場となっている。

ブラジルスタイル

焼き鳥、スペインバル、餃子、ブラジルスタイルの焼き肉など、6つの飲食店、野菜やワインなど3つの物販が入店している。賃料は若い人が参入しやすいよう吉祥寺の半分に抑えた。

安心感

暗闇に忽然と現れた光の小島は、ハモニカ横丁ミタカ。元パチンコ屋だったビルの1階部分にある。内装のイメージは『トムとジェリー』のネコに追われたネズミが逃げこむ巣穴のような安心感だ。

イェンタウン

三鷹の新名所『ハモニカ横丁ミタカ』。吉祥寺のハモニカ横丁が映画『ブレードランナー』だとしたら、ここ三鷹は『スワロウテイル』の”イェンタウン”といったところか。子どもも大人もいろんな人が集う。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.