ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

開発

楽守は楽器を“開発”したり、自分で描いたイラストでタオルやコップを“商品化”したりもしている。小さなことでも一つひとつかたちにすることで、自分はできる、役に立っていると日々、体感した。

photo:Yukihiro Masuda

教えている

ラモシオンの店内。数多くのライブを重ねながら、店で章伸は楽守に楽器の調整の仕方を手取り足取り教えている。覚えが悪くても、間違えても、決して叱ったりしない。

photo:Yukihiro Masuda

ホームグラウンド

ひとつの家族がある。二人の子どもは共に障がい児。家族が営む三重県の山中の『楽器のお店ラモシオン』。ライブのステージも完備し、RAMOの活動のホームグラウンドになっている。

photo:Yukihiro Masuda

二人あわせて

三重県の山中で暮らす、ひとつの家族がある。二人の子どもは共に障がい児。名前は楽守(らも)と詞音(しおん)。二人あわせて「ラモシオン」。それは親子で営む楽器店の名前となった。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.