ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

天才

生徒どうし自然と仲良くなれる。「フィジーの生徒たちは、人と仲良くなることは天才ですから」と谷口さんは言う。ここで学ぶ生徒たちはホームステイかドミトリーに滞在している。

イエローカード

キャンパスは、フィジー第2の都市ラウトカにある。敷地内で話していいのは英語だけ。日本語を話すとイエローカードが出され、3度日本語を話しているところを注意されると、退学だ。

谷口浩さん

南太平洋に浮かぶ小さな島・フィジー。フィジーにある語学学校「South Pacific Free Bird」に大勢に日本人が学びにやってきます。これを2004年に立ち上げたのが、谷口浩さん。

老朽化

壁の落書きではなく、運河の構造物を見てほしい。ゴワナス運河では、このように老朽化して壊れたままの構造物があちこちに見られる。

カヌークラブ

オーウェン・フートさん率いる7人の仲間たちによって、1999年に設立された「ゴワナス・ドレッジャース・カヌークラブ」が、汚染問題を解決しようと立ち上がったのである。

負の遺産

ブルックリンのゴワナス運河は、ニューヨークが世界有数の大都市へと成長していく一方で、悪臭と有害物質に満ちた汚染水域となり、近代化の「負の遺産」として残されていた。

雇用

「グリーンカートは地域の食糧事情改善と雇用創出を兼ねたプログラム」と話す、ソーシャル・ワーカーのカサンドラさん(左)。右は4年前にグリーンカートで起業したドミニカ出身のフランシスコさん。

食の砂漠

アメリカが抱える大きな社会問題「フード・デザート(食の砂漠)」。貧困地区の食生活を劣悪に陥れる食の砂漠を解消しようと、官民合同プロジェクト「グリーンカート」が始動した。

ヘリテージ・ラジオ・ネットワークのパトリック・マーティンさんと、エリン・フェアバンクスさん。「食は人が生きるための自然な行為。私たちをとりまく生活は、すべて食が基本です」。

バックヤード

2009年に誕生したヘリテージ・ラジオ・ネットワーク。ニューヨークのトレンドスポットにスタジオを構える。バックヤードでは、冷たいビールやワインを傾けながら、熱々のピザを味わう。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.