ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

伊野知香江

『やなぜファーム』の伊野知香江さんは、貧血気味だった娘のために黒米を育て、食べさせ始めたことをきっかけに、黒米の良さを伝えたいとカフェ形式で定期的にランチを提供している。

福山智子

木工作家の福山智子さんは、町の中に「妖精の扉」を設置して子どもたちの創造力を刺激するプロジェクトを実施。ファブリカ村にも3つの扉をつくり、設置している。

山中裕介

ファブリカ村内、かつて染め場だった場所にアトリエを構える陶器作家の山中裕介さん。福祉施設で陶芸を教えながら自身の作品を制作・販売。子どものための陶芸教室も行う。

北川織物工場

こちらが、ファブリカ村。元は、北川織物工場の織り場だった。この日は心をつくる「春の癒しイベント」を開催していた。陶器や木工の常設展示もある。

琵琶湖

「ファブリカ村」のある琵琶湖周辺は視界が広く、顔をあげると湖の青色を始め、山や田んぼ、畑などのいろいろな色が飛び込んできて、色彩の豊かさを感じられる。

北川陽子

滋賀県東近江市のJR能登川駅から徒歩約10分、住宅街の中に、のこぎり屋根の工場跡を使った「ファブリカ村」がある。建物前に立っているのが、ファブリカ村村長の北川陽子さん。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.