ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

100億個

ビリオン・オイスター・プロジェクトの具体的な目標は、2030年までにカキを100億個、そして100エーカーのカキ礁を港内によみがえらせることだ。その中核を、ニューヨーク・ハーバースクールが担う。

ガバナーズ島

「カキを活用してかつての海を再び」と始まったビリオン・オイスター・プロジェクト。ガバナーズ島にあるニューヨーク・ハーバースクールの施設にはカキの幼生を育てる水槽がある。

カキ

その昔、ニューヨークの水域はさまざまな生き物が生息していたが、それから100年、生き物は姿を消した。いま、マンハッタン湾に浮かぶ孤島では、カキのちからに願いを託したプロジェクトが進行中だ。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.