ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

少量ずつ

『ドーブ(DORV)』とは、ドイツ語の「地域に根ざしたサービスとトータルケア」の頭文字をとったもの。近所の小規模農家から直接仕入れているため、毎日少量ずつ新鮮な野菜や果物が届く。

photo:Androniki Christodoulou

手が届く

ジュースは地元生産者から大手ブランドまで、手が届く価格帯のもののみを置く。「商品の値段も重要です。買いやすい値段帯のものしか置かないと決めています。みんなのためのお店なのです」。

photo:Androniki Christodoulou

ミーティングポイント

ドイツ西部の田舎にあるスーパーマーケット『ドーブ(DORV)』は、来る人が自然と出会う、村のミーティングポイント。ここが、村の価値を高め、過疎化に歯止めを掛けた。設立者のヘインツ・フランツさん。

photo:Androniki Christodoulou

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.