ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

キーモンスター

金融特集のキーパーソンならぬキーモンスターとして東京からニューヨーク、ロンドンまで旅をしたカネゴン。最後に島田雅彦さんの名著『悪貨』を読んでひと言。「金融も愛だな、愛」。

エコ貯金

金融商品も、「グリーン」をキーワードにチョイスする時代? 上智大学大学院教授の藤井良広氏に、金融を通じて環境や社会と向き合う方法を伺った。

生物と金融のあいだ

「お金は世界をめぐる生き物」と仮定すれば、生物界のありようから金融再生のヒントを探れるかもしれない。生物界と金融界の関係性を探って、分子生物学者の福岡伸一氏と大庫直樹氏が語り合った。

ジャパン新生

銀行統合の荒波のなか、新生銀行のトップに立った当麻茂樹氏。銀行に必要な変革とは何か。どうすれば実現に向けて踏み出すことができるか、これからの「銀行業」のカタチに迫った。

実戦経験派

大蔵省から米プリンストン大学教授、証券取引等監視委員会事務局長、さらには金融庁総務企画局長を歴任した内藤純一氏。日本の金融機関のチャンスについて、大庫氏が訊いた。

ロンドン上陸

ロンドンの金融センター、シティにカネゴンが登場。バンク・オブ・イングランドは英国の中央銀行であり、1998年までは銀行の規制、監督も行ってきた。

金融寒波

マッキンゼーのシニア・パートナーとして長きにわたり応酬金融グループのリーダーを務めたアラン・モーガン。欧州の金融危機の真実を、大庫直樹氏が直撃した。

マンハッタン×カネゴン

マンハッタンは6番街のフィナンシャル・タイムズ・ビルの前で、ジリアン・テットの様子を伺うカネゴン。ジリアンは的確な言葉を選びつつ、ていねいに質問に答えてくれた。

愚者の黄金

リーマン・ショックの真実を抉った『愚者の黄金』を著した、フィナンシャル・タイムズの米国マネージング・エディターであるジリアン・テット。カネゴンとともに、インタビューを敢行した。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.