ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

降臨の地

霧島は日本列島に最初に神様が降臨した地である。13人のうち、10人が霧島に集まった。人を含むすべての自然を創造した人智を超えた存在に、祈りを捧げた。

photo:Marisol Villanueva and Vin Ota

奄美の祈り

豪雨でグランマザーが辿り着けなかった奄美大島にも、人々が集い、会期中は祈りの輪が開かれた。

運否天賦

奄美大島が荒天のために急遽、霧島に場所を移して開会された。抗えない自然のパワーを再認識し、運命を天に任せることを学ぶ。早朝には霧島の天孫降臨の地で祈った。

photo:Marisol Villanueva and Vin Ota

聖なる火

グランマザー国際会議には欠かせないのが、聖なる火。聖なる火の点火には天河神社宮司、普門寺住職も参加した。

photo:Marisol Villanueva and Vin Ota

伝統の儀

霧島市で4日間にわたり開催された「13人のグランマザー国際会議」では、約200人の参加者たちが見守るなか、グランマザーが順番に部族伝統の祈りや儀式を執り行った。

photo:Marisol Villanueva and Vin Ota

先住民族in名古屋

日本で初めて開催された先住民族の女性長老たちが世界中から集まる「13人のグランマザー国際会議」。月の暦に合わせてCOP10と同日に開催されたため、鹿児島・霧島だけでなく、名古屋でも円卓会議を開いた。

photo:Marisol Villanueva and Vin Ota

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.