ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

シェアハウス

コペンハーゲンにある、起業家のためのシェアハウス『ネスト・コペンハーゲン(Nest Copenhagen)』は、同じ目的を持った人たちが共同生活をすることで刺激し合い、ともに成長していこうという場所。

クレーンデ・ヘレン

廃材を元にアップサイクリングを行う会社『クレーンデ・ヘレン(Creerende Heren)』もメンバー。多様性があることで面白いものが生まれる。カフェの料理は極力自給自足している。

フローティングガーデン

運河の上のフローティングガーデンは、大勢の人の手によって2日間で完成した。今でも、メンテナンスなどをしにいろいろな人が手伝いに来る。夏は水場で泳ぐ人も多数。

肥料

真ん中が『カフェ・デ・クーベル』のマネージャーであるエスメさん。カフェやオフィスのキッチンから出たゴミでつくった肥料は、敷地内にある屋上菜園で栽培しているトマトやキュウリの栄養となる。

美味しい

貯めた雨水をろ過した飲み水。味は結構美味しい。一般的なオフィスに比べて、「デ・クーベル」の水の使用量は25%ほど。コンポストトイレは水が不要だし、下水道がないため、シンクの水は直接地面に流れる。

50人

ボートの間に木で道をつくり植物を植えた。2013年よりボートの改装をはじめ、2014年にオフィスとして機能し始めた。今では、カフェやアトリエを合わせて17のボートに約50人が働いている。

メタボリックラボ

持続可能な社会を実現するためにコンサルティングや開発を行う会社「メタボリックラボ」のオフィス。自宅のリビングから始まった会社が、3年で22人の従業員を抱えるまでに成長。

団結力

アムステルダムのノード地区にあるシェアオフィス『デ・クーベル(De Ceuvel)』のマイナスをプラスに変える発想力と団結力は、未来のサスティナビリティ社会のお手本となる。

アウトプット

オランダではクリエイティブな人びとが集まる場所、『デ・クーベル』では遊ぶことだって重要な仕事のうち。みんなが最高のアウトプットを発揮できる方法として捉えられている。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.