ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

ケータリング

ソーシャル料理人の高田大雅さん。ふだんのケータリングサービスでは、料理をつくって運んで終わりではなく、自ら現場に立って、食する人たちと会話を楽しむスタイルを実践する。

トラ男

会場内では突発的にプレゼンテーションもはじまった。トラ男のプロデューサー・武田昌大さんは、6Kといわれる農業を、夢、やりがいがあって、嫁が来る3Yにしようと奮闘している。

10分

Facebookを通じて、約30人が集まったソーシャルなちらし寿司パーティ。プレゼンターの思いが強すぎて、制限時間10分を超えてしまうことも。食材の背景を知ることができた。

菜の雫

「SOCIAL INCLUSION」がテーマのちらし寿司。具のひとつ、菜の花は岩手県・雫石町の福祉作業所『かし和の郷』でつくられた、一番搾りのなたね油「菜の雫」で炒めて下ごしらえ。

SOCIAL INCLUSION

3月某日、東京・東銀座のとあるサロンで開かれた「ソーシャルなちらし寿司の会」。ソーシャル料理人の高田大雅さんが、ふるまったちらし寿司は3種。これは、「SOCIAL INCLUSION」がテーマ。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.