ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

セルフビルド

一般社団法人『うみ路』代表理事の蜂谷潤さん。設備を安く譲り受け、仲間とセルフビルドで設置した養殖槽で、収穫間近の青のりを手に。「豊かな室戸の海に惹かれて、移住しました」。

室戸

海洋深層水は、室戸の地形だからこそ採取しやすい。「室戸という辺境で、捨てられるものに目をつけて起業。僕らには見えないけど、見方によっては宝の山があることを気づかせてくれる」とイケダハヤトさん。

ソウダガツオ

『うみ路』が販売するソウダガツオのコンフィ。定置網漁で、多い日は1日50トン以上の水揚げがあるソウダガツオの有効活用のため、水産加工も開始した。

青のり

海洋深層水で青のりを養殖する。小から大へ5回水槽を入れ替えることで、20日間で出荷できる青のりの養殖。ポイントは、「のりの声を聞けるかどうか」。

アマノリ

青柳さんはアマノリの海洋深層水を使った養殖を研究。冬場は、青のり養殖の効率が悪いのでいずれこちらに切り替えられればと考えている。

栽培漁業

『うみ路』の代表であり、栽培漁業に関する研究者の蜂谷潤さんと大学院の後輩、青柳大輔さん。「環境に負荷をかけない養殖モデルをつくって、水産革命を起こしたいんです」。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.