ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

編集者イチオシの今日の一枚 DAILY PHOTO

KEYWORDSで絞り込む

即席でもパーフェクト。

今回の撮影は、東京・江東区の清澄白河にある『リトルトーキョー』。そしてモデルにはここで働く若者たち。夏恵意中も、モデルたちを中島ナオさんがスタイリングを施す。即席にも関わらず、お仕事は完璧。

がんをデザインする。

2014年に乳がんが発覚。翌年東京学芸大学大学院美術教育専攻に進学し、そこで「デザイン・シンキング」を用いた癌治療による脱毛という大きな喪失にも向き合ったことで、「N HEAD WEAR」がスタートした。

被り方も、アレンジ自在。

京都の西陣織の素材を取り入れた「F-LINE」。肌に触れる部分はすべてコットンで、肌障りにこだわっている。髪があってもなくても楽しめる、それが「N HEAD WEAR」だという。

最初の頃は……。

デザイナーの中島ナオさんが、最初は自分用に作ったという、あたまのファッションアイテム「N HEAD WEAR」初期のスタイル、編み物が好きで、ニット帽なども自作していたそう。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © sotokoto online, Inc. ALL rights reserved.