ソトコト購買部 木楽舎のオンラインショップ
ログイン情報変更 会員登録 カゴの中を見る
商品カテゴリー
【新規】ソトコト定期...(5)
【継続】ソトコト定期...(4)
雑誌(28)
書籍(72)
   翼の王国books(11)
   ソトコト新書(11)
絵本(5)
福岡伸一の知恵の学校(1)
スマイル アフリカグ..(23)
現在のカゴの中
商品数:0点
合計:0円
カゴの中を見る
当サイトについて
お問い合わせ
特定商取引に関する法律
コンビニでのお支払い方法
ネットバンクでのお支払い方法
ゆうちょ銀行でのお支払い方法
書籍

オンラインショップが新しくなりました。

「ソトコト購買部」に変わり、新しく「木楽舎オンラインショップ」がオープンしました。
当アイテムの他、書籍の販売、ソトコト定期購読や孫の力定期購読の申し込みも、引き続き行っておりますので、どうぞご利用ください。
このたびは、「ソトコト購買部」のシステム更新に伴い、お取引を一時停止させていただき、お客様にはご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。


*当ページに記載している内容は、変更になっている場合があります。また在庫状況は、閉鎖に伴う処置となっております。最新情報は上記の新しいオンラインショップにてご確認ください。




エコハウスには、世の中を変える力がある。

エコハウス私論 ― 建てて住む。サスティナブルに暮らす家 ―
画像を拡大する
エコハウス私論 ― 建てて住む。サスティナブルに暮らす家 ―
商品コード: 001091
販売価格(税込): 823 円
ポイント: 0 Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
本書の概要

「足元から始めよう」……現在も、環境省の要職にある著者が、フルコースのエコハウスづくりに挑戦。導入した環境対策は実に50項目。太陽光発電、太陽熱による床暖房・給湯、雨水の利用、風力発電、壁面緑化、リサイクル可能な建材の利用など、あらゆる環境対策が講じられた三世代同居住宅は、地球とも同居できるエコハウスでもあった。エコハウスの潜在力を知ることができる絶好の書。


エコハウス私論
―建てて住む。サスティナブルに暮らす家―

小林 光 著

発行 : 2007年 4月 20日
ISBN978-4-907818-91-3 C0277
新書判 / 320ページ
定価 : 823円 (本体 : 762円 + 税8%)
エコハウス私論 ― 建てて住む。サスティナブルに暮らす家 ―
著者プロフィール
小林 光 │ こばやし・ひかる

1949年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。1973年環境庁(当時)入庁後、主に環境と経済、環境のための計画、地球環境等にかかわる諸課題を担当。1995年以降は、同庁地球環境部環境保全対策課長として、気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)の日本への誘致、同条約の京都議定書の国際交渉、わが国初の地球温暖化防止法制(地球温暖化対策推進法)の国会提出などを担当した。環境管理局長、地球環境局長などを経て、2006年9月より環境省大臣官房長。この間、省外では、パリ大学都市研究所に留学。大阪大学大学院、東京大学大学院の客員教授なども併任し、講義を担当。著書に『日本の公害経験』など。

エコハウス私論 ― 建てて住む。サスティナブルに暮らす家 ―
目次
はじめに

第一章 親との同居、地球との同居
○老いの暮らしと古い家
○戦後の急造住宅と街並みの変化
○借地権の解消方法をどう選ぶか
○同居と親孝行との関係
○地球の親孝行息子になろう
○エコハウス計画、始動
○地球温暖化対策の担当課長に
○正々の旗、堂々の布陣
○限界に直面した炭素本位経済
○対策を避ける言い訳は、いっぱい
○削減対策が描けない、家庭からの排出増
○ついに円形脱毛症となる
○そこで、エコハウス

第二章 トラブル頻発、着工への道のり
○まずは、道路 
○頼りなかったハウスメーカー
○設計者決定
○老人の希望とは
○古家の解体とリサイクル計画
○地盤の調査と意外な結果
○工事開始、トラブル続出
<コラム>大胆な規制と抜本的な制度改革が必要

第三章 こうなりゃ目指すは、フルコース
○エコハウスの基礎体力1―基礎と構造
○エコハウスの基礎体力2―断熱対策
○エコハウスの基礎体力3―気密対策
○エコハウスの基礎体力―素材の選択
○太陽熱の利用をまっ先に考えた
○目黒のサンマ。太陽光発電は北屋根で
○CO2フリー、薪ストーブは働き者
○COPを知っていますか
○照明のCO2も削れるか
○雨水、風呂場排水も積極活用
○化学物質を減らすには
○在来種、郷土種を使った緑の家
○三十項目を超える取り組み、そして、それでもできなかったこと
○エコとは関係ない工夫もあった
<コラム>太陽光発電をもっとよく知るために

第四章 地球へ払う家賃。高いか、安いか
○エコハウス化で増えた建築費用は
○フルコースのエコ費用は総額の十四%
○補助金を積極的に利用して、初期投資を軽減
○光熱水費の軽減で、初期投資を大きく回収
○むしろ地球には家賃を払うべき

第五章 祝・京都目標達成
○大気中のCO2はどう測る
○家庭から排出されるCO2の測り方
○CO2排出量も、光熱水費も、四〇%以上カット
○悪化する電気の排出係数。血と肉は分けられない
○削減の稼ぎ頭は断熱。次は太陽熱利用
○北屋根は南向きに比べ、五五%の発電パフォーマンス
○月別排出量でわかる自然エネルギーの威力
○風車は、一日で二十七ワット時の発電
○玉石混交、家電製品のパフォーマンス
○ダイナミックな地下水の世界
○住み心地だって計測できる
○絶対評価では不満。エコの道はなお奥深い

第六章 もっとエコにならんかい!
○トイレ禁止令 
○台風直撃、雨漏り発生
○節水大作戦
○消し忘れ電灯の退治
○暖房中のエアコン、なぜ寒い
○ダイレクトゲインを減らす
○自然エネルギーをさらに利用
○もっとエコのお宅から、アイディアを頂戴する
<コラム>年に1度、2月頃にデータのチェックを!

第七章 エコハウスを当たり前に
○環境マインドをルールに取り込む
○住まいと環境の繋がりを身近に体験する試み
○エコハウスへのハードルを下げるために
○エコハウスの資産価値を高めるには
○エコハウス支援の財源は
○知恵への対価を正当に評価する
○エコハウスを活かす都市づくり、国土づくり
<コラム>持続可能な住宅・イギリスの取り組み

あとがき

◇エコハウスづくりや地球環境を守る取り組みを進める上で役立つ参考図書・ウェブサイト
◇地球温暖化防止のための国際約束早わかり
◇索引
エコハウス私論 ― 建てて住む。サスティナブルに暮らす家 ―
この商品に対するお客様の声
新規コメントを書き込む
このページのTOPへ
Copyright(C)2007 KIRAKUSHA ,inc. All rights reserved.