ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

NPO/NGOイエローページ

この情報は、ソトコト2010年3月号特集「ボランティアライフ100!」掲載の情報です。
旧バージョンのNPO/NGOガイドでも、300を超える団体をインデックス形式で掲載していますので、ぜひご覧ください。今後は本ページにすべての情報を集約し、随時アップデート予定です。
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

神奈川県

カフェ・デラ・テラ

農業エネルギー食

お寺からまちづくりを考える、新しいムーブメント

Manga: Robin Nishi

再開発が進む、神奈川県横浜市の戸塚駅周辺。東海道の宿場町として栄えた歴史ある町のコミュニティが失われないよう、善了寺の住職・成田智信さんが立ち上がった。そして誕生したのが、大学と商店会、お寺がタッグを組み、まちづくりを行うNGO「カフェ・デラ・テラ」だ。お寺のお堂というスピリチュアルな空間で、環境問題や命の尊さについて語るトークイベントのほか、古着のファッションショーや音楽ライブ、キャンドルナイトなど、数々のイベントが開催されている。中でもキャンドルナイトは、夏至には約500人、冬至には約200人が参加する大イベントとなり、お寺が学生や地域の人々が集う場所となった。さらに今年1月中旬には、行政、町内会、商店街とも協力して善了寺近くに「カフェ・チャドー」をオープン。昼間はカフェ、夜はバーとして営業し、地場野菜を使った食事や、フェアトレードのコーヒーなどが味わえる。「大切な情報を収集・発信できる場所、常に個人が社会とつながることができる空間となれば」と願う成田さん。今後は地元企業との連携も視野に入れて、開かれた社会を目指す。

カフェ・デラ・テラ
tel.090-9207-5463(善了寺・成田)
http://cafedelaterra.com/

アクションポート横浜

人ふるさとアート

わくわくでヨコハマをヨコつなぎ

2008年9月に発足。横浜市の活性化をテーマに、企業・教育機関・行政をつなげ、様々な取り組みの支援を行う。企業や市民、大学生が参加する「みなとみらいクリーン大作戦」や「横浜サンタプロジェクト」などの活動を通し、地域間のネットワークを強化している。

アクションポート横浜
tel.045-662-4395
http://actionport-yokohama.org/

市民セクターよこはま

人ふるさと

誰もが自分らしく暮らせる地域づくり

在宅福祉活動の中間支援団体として、横浜市の様々な地域、NPOのサポートを行う。事業の一つである「横浜市市民活動支援センター」では、行政や企業とともに、若者の社会参加に注目した取り組みや、市民活動の育ち合いなど、魅力ある地域づくりを推進する。

市民セクターよこはま
tel.045-222-6501
http://www.shimin-sector.jp/

小網代野外活動調整会議

ふるさと生物多様性水

小網代の森を守るため、さまざまな団体が連携

神奈川県三浦半島の南端に、森、干潟、海がひとつにまとまった、70ヘクタールほどの谷「小網代の森」がある。1980年代半ば開発計画が持ち上がったが、市民運動の努力の末、計画が撤回。現在は小網代の森全域が保全地域となり、公開にむけた最終調整が行われている。その保全活動に参加する団体が連携して1998年に設立されたのが小網代野外活動調整会議で、2005年にNPO法人化。行政と連携して、有害外来植物の除去や通路安全確保の作業を行うほか、アカテガニのビオトープや海浜植物の手入れを行い、1900種を超す生物多様性の保護・回復にも努めている。真夏にアカテガニが子どもを海に放す放仔の季節には、カニのパトロール活動“ カニパト”を実施。アカテガニの行動を守りながら、見学者が安心してその様子を観察し、小網代の保全への理解を深める機会を提供している。昨年末には、『小網代の谷のカニ図鑑』を出版した。

小網代野外活動調整会議
tel.045-540-8320
http://www.koajiro.org/

横浜アニマルファミリー

人ふるさと

飼い主のモラルなき時代、失われてしまう小さな命

人間の都合で捨てられ、殺処分される犬や猫たち。そんな不幸な動物を減らすためのさまざまな活動を行っている。野中正子代表によると、日本国内で処分される動物の約80%が、野良猫が産んだ目も開かないような子猫たち。処分をなくすためには、飼い主のいない野良猫を捕獲して不妊手術をすることが第一であり、昨年度は1021匹の猫に不妊手術を施した。また子猫、子犬が生まれてしまった場合、健康を管理した後に里親を探して、処分されるのを防いでいる。神奈川県を中心に活動しているが、全国の動物救済活動に対する署名や、行政への意見提出なども行う。島根県で行われていたタヌキ撲殺駆除を止めさせ、電気柵の設置を提言。2007年には、横浜で猫を虐待していた犯人を追跡し、逮捕に導いたことも。

横浜アニマルファミリー
fax.045-364-7430※電話番号は非公開
http://www.animal-family.org/

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.