ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

50人による50通りのマイチェア

たこ唐草の椅子

無限の紋様が教えてくれること

タコ唐草模様のプリントが座面などにカバーリングされている。食器などでよく見かけるタコ唐草紋様も、イスにプリントされるとその幾何学的な紋様に新しい発見がある。
クリエーターからのメッセージ

「作るってこと、わかるってこと」
何かを見て面白いと思ったら、作ってみればいい。
作ってみると、どこに興味を持ったのかわかってくる。
できのいいところがある。悪いところもある。
ゆっくりと見る。何度も見る。
そうすれば、モノのこともわかるし、自分のこともわかってくる。
好きなモノをちゃんと知ること。
自分のことをちゃんと知ること。
モノを作ると楽しいだけじゃなく、大事なことを知ることも出来る。

東 章司
建築家

あずま・しょうじ●少しでも好きなモノが街に増えるように、建築の設計をしています。

収納にもなります

お勉強ノートではなく、お絵かきノートというところがこのイスの特徴を掴んでいる。
クリエーターからのメッセージ

背もたれをお絵描きノートにしました。でも使い方は子供次第。

桑野 陽平
プロダクトデザイナー

くわの・ようへい●株式会社良品計画企画デザイン室所属。MUJIのミニマルなデザインのプロダクツを数々手掛けてきた。

ベアチェア

リビングから飛び出して

いますぐに飛び出していきそうなイス。でもそれが掃除道具でつくられているところがユニーク。
クリエーターからのメッセージ

こどもたちにとって、掃除の時間、それもひとつの遊びの時間だ。ほうきに跨って魔女ごっこする女の子。飛行機の口まねをしながら駆け回る男の子。そう、こどもは何でも一瞬で遊びの道具にしてしまう名人。彼らにとっては、ほうきは空飛ぶ道具。この空飛ぶ椅子でいろんな空想の世界に飛んでいってほしい。

IDÉE×s&d
グラフィックデザイナー

いでー×えす&でぃー●IDEEグラフィックデザイナー森本直樹と、エディット&デザイングループsons&daugjters of tokyoの福島仁、神田麻美子によるユニット。

アイラブジメン

緻密さ部門ナンバーワン

緻密に描き込まれた模様に圧巻される。すべてを手作業でこなしている。
クリエーターからのメッセージ

ぼくには、じめんがある つぎのいっぽもある
じめんがないひと、いるかな? 
ないと どう なるんだろう
くもにのって たびをしよう
せかいじゅうにいって かたちをかえる
あめになり やまにふる
き がよろこび たいようとわらう
かわにながれ いしがころがる
うみにながれて またくもになる
からだのなかにも たびをする
じめんがないと そら ばかり
だからじめんに ありがとう
みみずがにょきにょき ありがとう

小孫 哲太郎
陶芸家

こまご・てつたろう●1974東京都出身。現在、千葉で作陶し展示会で活動中。

ものがたりのはじまり

独特の愛らしいイラストでまとわれたいつものグリズーのイスは、ひと回りでストーリーに。「絵と文字で全体的にストーリーを描いている、というのは、ありそうでなかった作品ですね。フランス語だからわからないんですけど(笑)」。
クリエーターからのメッセージ

でかけよう。いろんなことを見て、聞いて。
感じたことをイスに描こう。
時間をかけて、描いたり作ったりしたことは、いつまでも心に残るものだから。

アトリエグリズー
デザインユニット

あとりえぐりずー●グレゴワール・ダンタンと小野千寿によるデザインユニット。人とモノの関係の在り方について伝える展示会を企画・編集し続けている。

紙管VS木材……バトル勃発!?

紙管と同サイズに切り落としたパイン材を使った作品。「これはキレイですね。紙管というものをほとんど無視してしまっていますけど、イスとしての完成度は極めて高いです」(ユトレヒト・江口さん)。
クリエーターからのメッセージ

子供の家具と聞くと、なぜかパイン材を思い浮かべてしまう。
色なのか、大きな木目がそう見せるのか、やわらかい木だからか、安価という作り手の意図なのか...。
理由はどうあれ、やさしい感じのする木に見えるのは、私だけではないと思う。

三宅 一成
プロダクトデザイナー

みやけ・かずなり●ミヤケデザイン、プロダクトデザイナー。

ぺたぺたいす

切った貼ったの世界です

まるで落ち葉をまとっているように見える美しいイス。実はいろいろなカタチに切られた色紙が貼り付けられている。座るのはちょっとためらわれます。
クリエーターからのメッセージ

いらなくなったかみをすきなおおきさにきって、おりたたみます。それをはさみでいろいろなかたちにきってみましょう。ぴんくばかりのいろでもかわいいし、おもしろいぶぶんばかりをあつめてきってもたのしいかもしれません。きったかみをひろげるとふしぎなかたちがかおをだします。それをぺたぺた、ぺたぺたいすにはっていきましょう。いろいろなかたちがみえる、たのしいぺたぺたいすのできあがりです。

プロペラデザイン
プロダクトデザインオフィス

ぷろぺらでざいん●手槌りかと山田悦代の女性2人によるデザインオフィス。

ジャパニーズ・クール!

和のテクスチャをキレイに貼り揃えたイスの座り心地はほとんど「畳」。和室にいるような感覚にさせてくれる。
クリエーターからのメッセージ

モノづくりの楽しさとは何でしょう?
出来上がりはもちろん楽しみのひとつですが、
自分の手で何かを作りあげる過程にも楽しさがたくさんあります。
意外なハプニングもあるかもしれません!
まずは、心のおもむくままに手を動かすことからはじめてみてください。
心の感じるままに描いたり、色を塗ったり、何かを貼ってみたり、、、
楽しみながら作っているうちに自分だけのかけがえのない何かが出来上がるはずです。

福井 純代
インテリアスタイリスト

ふくい・すみよ●バッグや小物などの企画制作、インテリアコーディネート、創作料理に至るまで幅広く活動している。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.