ソトコト ソーシャル&エコ・マガジン

50人による50通りのマイチェア

ライオンいす

裸の王様のイス?

「背もたれの王冠を取ると王様じゃなくてただの人になったりするといいな」(ユトレヒト・江口さん)
クリエーターからのメッセージ

「ライオンいす」は王様の玉座です。
でも、金やベルベットで作られた椅子ではありません。
原っぱを走り回って、川でざぶざぶ遊んで、汗だくになった王様が、ちょっと休憩するための小さな椅子です。
どうせじっとなんてしていられないキングたち。
すぐまた何か面白いこと見つけて、はだしのまま走っていきます。
キングたちはちょびっと乱暴です。
椅子にのっかったり、ひっくりかえしたり、お絵かきしたり・・・
そんなこんなで、だんだん汚れてしまっても、いえ、汚れているからこそ、玉座は「誇り高き椅子」なのです。
みんな!たくさん遊ぼう!
そして、ときどき休憩しよう!

垂石 眞子
絵本作家

たるいし・まこ●日本児童出版美術家連盟会員、日本国際児童図書評議会会員。

家族のイス

360度が絵本です

絵が描かれているだけでなく、実際に小鳥やてんとう虫が乗っていたりする。座面の下にもキャラクターが居たりして、眺めているだけで楽しい。「すべての面が絵本みたいです」(ユトレヒト・江口さん)。
クリエーターからのメッセージ

このイスは紙で出来ています。
紙は木の子どもです。
木を育てるお父さん・お母さんは、太陽や雨や風です。
木の枝を走り回るリスや小鳥、木の下で水を飲む鹿、木陰で休んでいる人間、それはみんな兄弟です。
「地球」という家で「自然」という家族と一緒に暮らしています。
この2つのイスは『家族のイス』と言います。
みんながこのイスに座って家族の一員になり、
家族を大切にしていってほしいと願っています。

うさ
絵本作家

うさ●海外で、絵本の出版やアート活動をしています。
http://usa-peace.com/

Rinne / 輪廻

いつかイスになって戻っておいで

紙をすべて燃やして灰にしてしまって、土と種と一緒にすることで「再生」をイメージしている。イスというカタチがなくなってしまっても、そこから再生することに意味を見出した。お花からスタートして、最後はまたパルプとなって紙管イスになる?
クリエーターからのメッセージ

紙管イスは紙管イスの人生を歩みます。紙管イスがその役割を終えたとき、植物に栄養を与える灰として生まれ変わります。火をつけたら、紙管イスは、ついに小さなたき火となりました。たき火は、ベルリンの寒い夜を過ごす私たちを、暖めてくれました。次はあなたが紙管イスに新しい命を吹き込む番。燃やしたので、カルシウムとカリウムをたくさん含み、健康で生命力のある植物をはぐくむことができる灰と、大地の土を混ぜ、お花の種をまいて、育てましょう。

Paper chairs have a life. When they’ve done their job, they can reincarnate as nutritious ash for plants. We made kindlings, and finally a small bonfire out of the paper chair. It kept us warm on a cold night in Berlin. Next, you can give the chair a new life by planting flower seeds to a mix of earth and the ash from the fire - rich in calcium and potassium, and thus vital to healthy and strong plant growth.

OK Do
グラフィックデザイナー

おーけー・どぅー●アニ・プオラッカとイェンナ・ステラによって設立。OK Doは考えて手を動かすクリエイティブな実践の場。出版物やイベント、プロジェクト、アートと科学をつなぐデザインを通じて活動。ヘルシンキから始まり、現在はパリとロンドンに拠点を置く。
http://www.ok-do.eu/

プレゼントはなんですか?

フィンランドのデザインユニットによる作品。紙管というのは「容器である」というベーシックな考え方をもとに、それぞれの紙管を「イレモノ」に。「贈りもの、という部分に着目した発想がユニークで好きです」(ユトレヒト・江口さん)。

Kokoro & Moi
グラフィックデザイナー

こころ&もい●フィンランドを拠点とする、テーム・スヴィアラとアンッティ・ヒンクラによるデザインユニット。

脱スーパーノーマル?

大きめの白いドットが散りばめられた、いわゆる水玉デザイン。“スーパーノーマル”な人、ジャスパー・モリソン氏のドットパターンを使ったプロダクトはかなり珍しい。紙管イスはつまり、それくらい「未知の可能性」を秘めた、新しいデザインの領域を切り開くアイテムだった……というのは深読みしすぎ?

Jasper Morrison
プロダクトデザイナー

じゃすぱー・もりそん●現代家具のメインストリームである「ニュー・シンプリシティ」を最も特徴的に体現。ヴィトラ、アレッシィ、マジスなど数多くのブランドからプロダクトを生み出している。

寺子屋

ちいさなちいさなデスク

子どもにとっていろいろなものがイスになり、机になる。小さなデスクのなかで、子どもが絵を描いたり、勉強をしたり、落書きしたり……そういう楽しい想像が膨らむ。
クリエーターからのメッセージ

この椅子は小さな机にもなる。その上にゴムバンドで固定した無印良品のダブルリングノートを置けいて、背もたれには色鉛筆が入っている。
これはもう寺子屋の座卓のようなかわいい絵描き机になる。
深澤直人
インタビューはコチラ

深澤 直人
プロダクトデザイナー

ふかさわ・なおと●「Without Thought」と表現する思想のもと、人は意識していない方が周りと自然に調和するといった考えをもとにしたデザインワークショップを開催し続けている。

Sunny Seat

太陽がいっぱい

模様のカタチの糊にテキスタイルを吹き付けてフェルトのようにしたもの。さわってみると不思議に心地いい感触が。
クリエーターからのメッセージ

イタリアのデザイナー、ブルーノ・ムナリが太陽について書いた「太陽をかこう」は、たくさんの太陽が登場する素敵な本です。私はこの本が大好きです。私の太陽はミカン色、沈みゆく太陽。紙管イスに、ひとつ、ふたつ、みっつと増えながら沈んでゆきます。椅子を並べれば、太陽はもっともっと増えていきます。

須藤 玲子
テキスタイルデザイナー
写真:池田晶紀

すどう・れいこ●東京造形大学教授。株式会社布(NUNO)取締役。

こどもよう
おりたたみ いす

次は「折り鶴イス」に期待

贈答品を包む紙の折り方「折形」を研究するグラフィックデザイナー・山口信博さんによる作品は、なんと折り畳めるイス。日本の伝統「折り紙」の宇宙をイスに閉じ込め、使わないときはキューブ状になる。小さな家の小さな親子のカタチを考えさせられます。「簡単に組み立てられて面白い。カラーリングはリートフェルトがモチーフですね」(ユトレヒト・江口さん)。
クリエーターからのメッセージ

おりたたみしきの いすです。つかう ときには ひろげて いすと して つかいます。つかわない ときには、 おりたたんで しかくくして しまいましょう。にほんの いえは ちいさいので、 むかしから つくえや いすを おりたたんで かたづける、あとしまつを することを たいせつに して きました。
あしや ざの ぶぶんに あつみが ありますが、これが あつみの ない かみで あれば、おりがみと おなじです。
にほんの でんとうの なかに ある、ちいさく たたんで くらす しゅうかんと、 こどもたちの おりがみの あそびの ふたつが この いすには いかされて います。
江口宏志のMOVIEチェック

ブックショップ「ユトレヒト」の江口宏志さんが、クリエーターズチェアに触ってみました。
You need Flash player 8+ and JavaScript enabled to view this video.
インタビューはコチラ

山口 信博
グラフィックデザイナー

やまぐち・のぶひろ●1948年生まれ。折形デザイン研究所主宰。

イスの強度について学べます

いろいろなアプローチの仕方があるイスだが、こちらはイスの「強度」に着目した作品。同じような形に仕上がっているが、強度は上がっている。プロダクトデザインの面白いアプローチ。
クリエーターからのメッセージ

この椅子は、紙の筒をたくさん合わせて出来ています。
合わせる方法は「接着」です。
接着をして強い椅子にするには出来るだけ接着する面積と
沢山とる事です。もともとの椅子もとても強いのですが、
少しだけ「手間」かけて素材を少なくして、より強い
形を見つけました。手間をかける事は、ちょっぴり大変ですが、なにかを発見するきっかけになるはずです。

インタビューはコチラ

小泉 誠
家具デザイナー

こいずみ・まこと●全国のものづくりの現場を巡り生活道具のデザインを行なう。

虹の卵

イスが先か、卵が先か

フェルトを重ねたもので「卵」を表現。座りにくい? いえ、それほどでもないところが不思議です。
クリエーターからのメッセージ

世の中にはステキなものがたくさんありますが、それでも思わず手を出して作りたくなっちゃうアタリに、楽しさの卵が隠れているのではないかしらん?

伊東 史子
ジュエリーデザイナー

いとう・ふみこ●デザインマネジメント会社PAX主宰
(時々ジュエリー職人)。

ゴミ、捨てんなよ!

Copyright © KIRAKUSHA, Inc. ALL rights reserved.